人気ブログランキング |

2019年 07月 29日 ( 2 )

つづき

やっとペンションに到着。
オーナーは37年目という67歳。
14歳年下の奥さんは他の仕事をしているので、ペンション経営はほぼオーナー1人。
b0238426_19280159.jpg
こういう装飾は、奥さん?!

ツインルームをお願いしたのだけど、人いないから広い方使って〜と。
b0238426_19284807.jpg
b0238426_19284957.jpg
天井が斜めの部屋だ!
テンション上がるぅ。
手前には写ってないけどソファもある。

あれ?
予約したときほぼ満室だったはず。
後でわかったのだけど、
このオーナー、
「もう歳だからねぇ〜」と言うのが口癖で、お客はあまりとらなくなったそう。

露天風呂に男たちは入り、私は足湯。
お昼は長野でおやきを食べただけだったので、お腹はぺっこぺこ。

「お食事の用意できましたよー!」
ダイニングから叫ぶだけで聞こえるアットホームさ。

行くとうちの他には1組だけだった。
そして、夕食なしの泊まり客があと1組。

b0238426_19480456.jpg
元シェフというオーナーの手料理は美味しかった。(上のお箸が刺さったグリルは気にしないで下さいね。末っ子の大根おろしを私のにのせただけで意味はありません。)

「ご飯、足りてっか?いっぱい喰えよ!」
気取らない声かけがいい。

夕食は7時には食べ終わってしまった。
それからポツリポツリとオーナーと会話。

場所はカウンターへ移動。
b0238426_19523135.jpg
オーナーの昔話と武勇伝はなかなか面白い。
スイカや桃も出してくれて、漬物とかも出てきた。

脱サラしてペンションやるまでのお金の荒稼ぎのこと、美魔女な奥さんとの馴れ初め、山岳救助隊(ヘリコプターに乗ってロープで降りて遭難者を助ける仕事)をやってた話、定年になってからは山岳ガイドだけど、もう高い山は登らない、とか。
昔のアルバムを見ながらの楽しいひとときだった。

みんなで酔っ払って、
「旦那は息子連れて部屋帰っていいぞー!」
から何時間飲んでたのか、2人でめちゃくちゃ飲んで楽しかった。
お互い愚痴だらけの発散会みたいでスッキリ。

結局、酔いつぶれて部屋に戻ってからは、顔も洗わずに畳の上で寝てしまい、明け方、もったいないのでベッドへ。
明るくなってから、酔い覚ましにオーナーがDIYで作ったというワイルドな露天風呂に入って生き返った。

「お食事できましたよー!」
あんなに酔ってたのにちゃんと朝ご飯作れるのはさすがだ。
b0238426_20084816.jpg
そして、昨夜の夕食後の飲み会は全てオーナーの奢り。
「好きでやってんだからいいんだー」

年齢のわりに元気なのは、無理なく好きなことやってるからだろうか。
山登りが好きでたくさんの仲間がいて、体力もあるから、あんなに階段がいくつもあって廊下が複雑なペンションを1人でやっていけるのだろう。テラスには奥さんに頼まれて作ったという大きなブランコがあった。
とても乗り心地が良かった。
(本当は露天風呂にブランコを置いてたけど、カップルがいつまでたっても出てこねぇーからさぁ。って、普通、お風呂にはブランコ置かないでしょ!)

2日目はフリーバスであちこち回って、バブル期は人がいっぱいだったんだろうなって感じの清泉寮というところでランチして帰路についた。

by jasmine-boo | 2019-07-29 19:25 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

週末にふらり

たった1泊2日だったけど、次男がいない間に3人旅。
新宿発のあずさ3号(2号じゃなかった!)に乗って、小渕沢まで。
そこからこんな2両編成のディーゼル車に乗って…。
b0238426_06480602.jpg

b0238426_06480886.jpg
私は全然興味ないんだけど@長野県。なんでも日本一標高が高いところにあるJR駅なのだそう。その辺をフリーバスでふらふら。
b0238426_06504366.jpg

b0238426_06504519.jpg
国立野辺山電波観測所。
ここのエリアへ入る時は観測に影響が出ないよう、スマホは電源off。
ここには、ミリ波干渉計6台、45m電波望遠鏡1台、電波ヘリオグラフ84台、太陽電波強度計偏波計8台がある。
お馴染みの望遠鏡で見た画像というのは光学望遠鏡で見たもの。
電波望遠鏡で見たものは色の粒の塊みたいで、はっきり言ってきれいでも面白くもない。
普通のプラネタリウムを見てしまったので、観測所についての展示を見る時間がなくなり、電波観測についての知識は深められず。
とりあえず、高原野菜の野菜ジュース(15種類入ってる!)を飲んで休憩。

心配された天気もなんとか持ちそうなので、山梨県清里を目指した。
4kmくらいだから〜
え、そんな話聞いてないよ!

途中、長野県と山梨県の県境の橋を渡った。
歩行者はだーれもいない。
ここ、車で移動するところだよねぇ!
サンダルはやめた方がいいよ的な話だったので、私はトートバッグ(リュックはいらんと思った)にスニーカー。
雨や汗でサンダルじゃなくても靴擦れもした。
b0238426_07001625.jpg
清里駅まで3km!
ところがこの後、迷って無駄に1kmプラスされた。

清里といえば、中高年なら知ってるくらいのところらしい。バブル期にすごい人気でスキーの渋滞で4時間とか、ペンションの予約も取れないとか、人で溢れ返った街並みの写真があった。
今は、老朽化したちょっとゴーストタウンみたいな。
昔はペンション経営してたが今はおせんべいとソフトクリーム屋さんをしてるおじいさんから当時の話を聞きながら一休み。

さて、そこから更に歩くこと小一時間。
やっとペンションに着いた。
地図には牧場の隣の隣〜ってなっていて、北海道の牧場を想像してしまったのだけど、東京の児童公園サイズでホッとした。

この日は朝からトータル11km歩いた。

つづく

by jasmine-boo | 2019-07-29 06:44 | 旅行 | Trackback | Comments(0)