人気ブログランキング |

2019年 04月 12日 ( 1 )

決まったからには

毎年この時期になると保護者会とPTA役員選出がある。
長年育児をしていると時代の変遷などを感じることもあるが、この分野は相変わらず変わらない。

まず保護者とは?
父兄という時代は遥か昔なのに、未だに父親の名前を書く人がほとんどだと思う。
それなのに保護者会に出席するのは母親だ。
(父親の出席はクラスで1人くらい。これは小学校に限らず、幼稚園から高校まですべて母親任せである)
共働きが増えたご時世でも、母親が午後休を取って出席する。個人面談しかり。行事のお手伝いしかり。わざわざ「お父さんのお手伝い募集!」とタイトルをつけて募らなければ集まらない。

で、役員選出も母親たちの中から決めることとなる。(父親が本部役員をやると、そこの夫婦は卒業まで役員免除、という優遇措置を取られた時代もあった)
学校によっては平等という名のもと、くじ引きをやるところもある。

で、今年度、学級委員に立候補してみた。
仕事はほとんどないし、受験生もいない。介護する人もいなし、夫がいるので土曜日は子供をみててもらえる。
引き受けられない理由はない。
手を挙げたのはいいが、その後が長かった。
もう1人が決まらない。
他のクラスもずーっとずーっと沈黙。

いろんな理由はあるだろうけど、いつも思う。嫌な時間だ。
結局、この沈黙に耐えられなかった人?!もしくは仕方なく手を挙げた人たちと一緒に一年間活動することになった。
全く面識はない。
初回の委員会も仕事で来られない人も。。。

さて、上手くやっていけるかな。
最年長者、頑張るゾ。
おばさん、ウザいよ、って言われたりして(笑)


by jasmine-boo | 2019-04-12 08:12 | Trackback | Comments(4)