人気ブログランキング |

2018年 03月 12日 ( 1 )

だめなら、他の方法を考える

アルコールが飲めなくなってから、ノンアルコールの美味しいものを探している。
ジンギスカン食べた時のノンアルビールはリアルで美味しかった。
当然ながら、全く酔わないのだけど。
でも500円って高い。
しかも大抵の飲み放題にはノンアルは含まれない。

スーパーで100円のを探している。
今のところ、オールフリーは嫌い。
ICHI とアサヒドライゼロはどうかな。

ところで、美容院で、アレルギーがあるので染められないし、パーマも怖い、花粉症の季節が終わるまで何もしたくない、と相談。
娘が成人式でお世話になった銀座の美容室。
半額ハガキでも来ないとこんな所へは行けない。

担当してくれたのは年配の男性。
みんなからは化石と言われてます、って自己紹介する辺りアラカンではないかと。
美容業界の変遷について語ってくれたが、やはりこだわりを持って、芯がブレないように頑張ってきた人のようだ。
たくさん質問しても丁寧に答えてくれる。
知らないことは知らない、分からないことは分からない、とはっきり言う(なんとなくごまかさない誠実な人だ)。

そして、スーツを着てる。
仕事しづらいのではないかと思ったが、なんとオーダーメイドで袖が短めなのだ。
肩や腕も動かしやすいような絶妙なサイズなのだろう。
仕事服としてのスーツ。
シャンプーの時は上着をさっと脱いで、シャツを腕まくりすることなく、すぐに作業に取り掛かる。実にスマートな動き。

なぜスーツなのか聞いてみた。
夜遅くまで仕事してたり、週末になってくると、やっぱり疲れが出てきてだらっとしてしまうのだけど、スーツを着てると背筋も伸びるしちゃんとしてられるからだそう。

カットとトリートメントをお願いした。シャンプーしながら、どの程度タンパク質が必要か考えてた、と。
トリートメント剤の成分がアレルゲンとは関係ないという確認をするためにも細かく説明してくれた。
髪質によって、種類や量を微調整するのだそう。
髪にもご褒美 ♪ とスチームを当ててくれた(オネエではありません)。
そして、最後に、これだけはさせて下さい、と気になってた生え際の白髪にコンシーラー。
そうか!その手があった。
口紅みたいに繰り出すタイプを使ったことがあるが、ちゃんとつかないし、べたべたするし、しまいには折れたし、それ以後使ったことがなかった。
これは、コーム型のブラシ。
なんと梳かすようにするのではなく、ギザギザとマスカラ動かす時みたいにしてつけるなんて知らなかった。
サラサラだし、目立たなくなった。
即お買い上げ。
b0238426_22395091.jpg
また一つ憂鬱が解消された。

by jasmine-boo | 2018-03-12 22:15 | Trackback | Comments(6)