人気ブログランキング |

2017年 06月 22日 ( 1 )

食べるという事

b0238426_12435276.jpg

先日、中学校の学年親睦会があった。
つまり飲み会。
担任の先生とはなかなか話す機会がないので、こういう機会は大切だ。
もちろん、個人面談もあるが、生徒も一緒の三者面談しかしないので、なかなか一対一で話す機会はない。

席も離れてたし、無理かと思っていたが、グラスを持って先生の方から移動してきて下さった。
年齢も近いし、子供の年齢構成も似てたりで、たぶん考え方も近いのかな、と。
担任は初めてだけど、上の子供たちが在学してるときからお互い、なんとなく知ってる程度。
まあ、赤ちゃん連れて学校来る人なんていないから目立つさね。

日頃から先生が思ってる事、私が思ってる事は一致し、多くを語らなくても理解できた。

次男の担任だから、息子のことをよろしく〜という内容ではない。
長い目で見てきた最近の子供、について。
そう、給食で食べ物を粗末にして遊んで残飯へ、というのを目の当たりにして次男がストレスを感じていた、ということ。
嫌いなおかずに牛乳かけるとか。
マズイを連呼してるとか。
今のクラスになってそれがなく、すごく気持ちがいいということ。
残飯のないクラス。
母親目線のしつけや注意って大事。
頬杖ついて迷い箸だとか、肘ついてるとか、そういうのが多くて困る、と。
普通は家庭で幼児期にきちんと躾けられるべきものなのに。

いくらエリートコース進んでいいところに就職したとしても、きちんと身についてないことを一朝一夕でできるはずがない。

仕事や塾で忙しいのはわかるが、たまには家族揃ってきちんと食事して、相手を不快にさせない、作った人に感謝できるマナーを身につけてもらいたいと思う。
だから、たまにお手伝いして、食事を作ることの大切さ大変さも学んで欲しいと思う。

外食先で両親も子供たちもずっとスマホいじってて、全く会話しないで食べてるのを見ると悲しい。マナーどころではない。口に食品を入れて飲み込めばいいってものでもないでしょうに。

全く家で食事を作らない母親がいるというのにもショックを受けた。専業主婦。母親が作らなかったので、自分もそうらしい。で、夫も子供も了解してるという。
悪い人じゃないんだけど、不思議すぎる。


by jasmine-boo | 2017-06-22 12:11 | Trackback | Comments(6)