人気ブログランキング |

2014年 07月 28日 ( 1 )

暑いけど、がんばれる

猛暑日がちょっと落ち着いて、今日は雲がある。
ママ友を誘って探検!
b0238426_15111035.jpg



b0238426_15113058.jpg

なんで集合時間に集まらないかな。
早朝じゃないのに。
今出ました!と次々にLineが・・・・。
練習してるうちにちびちゃんは一人で移動できるようになった。

b0238426_1512924.jpg

大人が4人乗ると浸水する。
この前、中学生と遊んだ時は、端で飛びはねて、わざとに浸水させて楽しかった。
ちびちゃんはそういうのも平気。

b0238426_15122093.jpg

場所を移動し、今回は準備していったので、大漁だった。
最終的には30匹くらいだろうか。
ザリガニというのは水質汚染ピラミッドの底辺にいるのだそう。
生態系も変わってきている。

子供のころ(北海道人です)はザリガニといえば、山の沢のきれいな水の流れる川の石の下にいたが、今は汚濁水の中にうじゃうじゃいる。


暑いけど、毎日外遊びしているのはちびちゃんのため。
幼児期に汗腺の数が決まると言われている。
この先10年、20年、30年、確実に温暖化は進み、日本は亜熱帯気候になる。
そういう変化に適応できる体作りは幼児期から始まっていると思う。
「お肌のため(あせもをつくらない)には26℃の室内で過ごしましょう。」
弱い子は仕方ないが、子供なんてあせもができて当たり前、思いっきり外で大汗かいた後に水浴びして、たっぷり昼寝してしっかり食べれば大丈夫。

最近気になっているのは、晩婚化・晩産化が進んでいる都市部では当然、かなりの数の幼児を連れたアラフォーがいるはずである。
なのにほとんど見かけないのだ。
私の行動範囲では。
おそらく、バリバリ仕事してきたので、産休明けには職場復帰しているので、ほとんどが保育園にいるのだろう。
しかし、そのまま専業主婦になっている人もいるはず。
どこにいるかというと・・・・・炎天下の公園にはいない。
たぶん、冷房完備のテーマパークだの遊戯施設。
そして、ベビークラスから始められる何かのお教室。

初めての育児で大変だし、年齢的にもきついかもしれないが、温室育ちの子供が増えるような気がする。
学力はいいが、生活習慣なんかも中途半端な。
(もちろん一部のことです)

そして、少子化って言ってるけど、実際、育児をしたくない母親が多くなってきているように思う。
意識が変わってきたというか。。。。
確かに育児なんて忍耐と我慢と自己犠牲の繰り返しのような部分が多い。
今までのステイタスを崩さずにやっていくなんて無理。
髪を振り乱して育児、なんて言わないけど、今までどおりにおしゃれや遊びを維持するのは無理。
うちの高校生たちが言う、ショッピングモールの閉店時間近くなっても走り回って騒いでる幼児はいかがなものか、と。

そして、赤ちゃんの時から、確実に託児利用している人は多い。
10年前はこんなんじゃなかった。
大変だけど仕方ないよね、お互いがんばろう、だったのに、24時間一緒なんてムリムリ!気が狂うわよね!だって。
(たった一人なのに?イクメンのダンナがいて両親にも頼ってるのに?とつっこみたいが、たぶん古臭いおばさん!って思われるんだろうな。いやいや、そういう人は別のところですごい苦労しているのだ、と思いたい)
育児が大変だから週3で預けて自分はジム行ったりショッピングしたりって人もいる。
託児とお教室が一緒になったような便利な施設もある。
高額だから、もちろんそれなりの家庭かもしれないが。

海外で住み込みや通いのメイドに家事も育児も丸投げしている母親たちをみてあきれたことがあるが、もし、日本で安価な人件費ですべて代行してくれるサービスができたら利用者は多いんじゃないだろうか。

それに待機児童の問題。
もぐらたたきのように施設を増やしても増やしても待機数が増えていく。
だって、条件を緩くするほど、それじゃ、預けて働こうかな、という人が出てくるから。
しかも、ほんのちょっとだけ。
(ほんの数時間パートに出るだけで、子供は終日みてもらえるのだ)
さらに実家が自営だったりすると申請の書類は簡単だ。
そんなんで専業主婦が子供を保育園に入れるせいで、本当に産休明けに職場復帰したい人ができないっておかしい。
これじゃ、国が目指す労働力も確保して人口も増やすっていうのは無理。

それに赤ちゃんのときから教育や習い事にお金かけすぎ。
ま、それぞれの家庭の方針やステイタスがあるので余計なお世話かもしれないが。
(でも、ちょっとびっくりした会話で、習い事やなんかがいっぱいの小学生が一番お金がかかるんじゃないの?と。塾や学費できりきり舞いになるのは子供手当や子供医療証がなくなる高校や大学の方がピークなんだよ!と言っておいた)


b0238426_15224374.jpg

外遊びのお供。
ガリガリっと噛んで、ごくごく水分補給すれば元気になれる。
(キャンディタイプは遊びながらには不向き)
これは、子供たちのためというより、実は大人のため。
冷房のない体育館で当番してるときなんかしっかり対策しないと、子供たちより先にバテてしまう。

by jasmine-boo | 2014-07-28 15:10 | 子供・育児 | Trackback | Comments(0)