2014年 03月 26日 ( 1 )

へえ~

ひなあられ 姉を祝って ひとつまみ

へえ~、次男は姉のことをこう思ってたんだ。
学年末はいろんな作品やプリントを持ち帰るので、目を通すのが大変。
どれを捨てて、どれをどう保存するのか。

次男は学校では家族のことをよく話してくれて、家族が大好きなんだなってわかりますよ、と担任の先生。
いや~それは単に友達いないんじゃないですか?^^と返事しておいたが。
確かに、留守番しててちびちゃんがウン〇をもらした時なんかは、最終的にはおねえちゃんがお世話するもんね。アレを触れるってすごいことなのだ。

末っ子だった次男も弟ができ、随分と成長してくれた。
4月からは早いもので6年生。
ミニバスケットチームでもがんばっている。
先日の6年生を送る会では、鍵盤ハーモニカを持参して曲当てクイズを盛り上げた。
スタメンになれなくたって、ベンチ応援が多くたって、こういう形でチームに貢献するのもいいさ。

最近、ちびちゃんは、姉、兄、兄のことを彼なりに分析し?!、接し方を変えているのだ。
ふ~ん、2歳児だと見くびってはいけない。
上の子たちが赤ちゃんだった頃の画像や動画見てて、やっぱり兄弟だから似てるけど、それぞれの育った環境が違うので、やっぱり違うなって思った。
4番目が一番社会性を身に着けるのが早く、世渡り上手になっていくような気がする。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-03-26 10:16 | 子供・育児 | Trackback | Comments(2)