2014年 02月 23日 ( 1 )

本人も大変だけど・・・・

オリンピックに出場する選手って、人並みじゃない努力をしていて、その家族も人並みじゃない努力をしている。
もちろん才能もあるけれど、よほどの根性がないとできない。
すごいなあって思う。

というのは、
一般家庭の普通の子供のことでさえ大変だから。
もちろん、一流選手になってもらいたいとは思っていない。
学校や家庭ではできない体験もしてほしいと思っているだけ。
それだけなのに、親は振り回される。

昨日は5時半に起きて、5人分のお弁当(orお昼ご飯)を作って、寝てるちびちゃんを起こして朝ごはんは持って、次男の遠征先へ。
電車をいくつも乗り継いで、現地でちびちゃんに朝ごはんを食べさせ、おやつを与え、散歩をし、昼ごはんを食べさせ、昼寝もさせて・・・・結局、試合は見られず(4試合もあったのに)、7時半に帰宅。
幼児連れなので、何のお手伝いもできない使えない保護者なのだけど、でも、試合会場にずっといるのって疲れる。
留守番してた受験生の長男にはお風呂掃除と洗濯(取り込んでたたむまで)を頼んでたので助かったが。
一方、長女は模試から帰ってくるとお昼を食べたら昼寝・・・・・・。
この違いはなんなのだろう。

話はそれるが、最近、長男は厳しいことを言う。
学校では男女は協力しあわなければならない、家庭では母親だけでなく、父親も育児・家事も手伝うのが当然である、と習うらしい。
ところが、共働きならともかく、専業主婦なのに夫が家事も育児も手伝えっていうのは甘えじゃないか?と。
実際、お母さん、一人でやれてるじゃん、と。
う~ん、一人で家事・育児をするのは、すごく大変だし、父親の参加もとても大切なのだと考えてはくれてないみたいだ。
これでは、イクメンどころか、それくらい一人でできるだろ!の亭主関白になってしまうのではないか・・・・・と心配になってきた。
そして、長女は必ずしも家事・育児って女がやるものとは限らなんだよ、と、ぐーたらしてしまうのではないだろうか・・・・。
むむむ、難しい。

話はもどって、
今日も遠征はあったが、欠席してもらった。
連日の付き添いは勘弁してほしい。
それに明日は長男の受験本番。
ちゃんと晩御飯を作ってあげたいから。
今回は入試前日にみんなでご馳走を食べながら壮行会というか、応援することにした。
この前の併願校入試の前日はすき焼きを食べた。
今夜はトンカツをたくさん揚げる。
(単に、みんなでご馳走をたくさん食べたいんだけど、何か理由付けが必要な気がするから)

b0238426_15113578.jpg

午前中、ちびちゃんと見てきた東京マラソン。
寒いと思ったら小雪がちらついていた。
生で見ると、やっぱり速い。
私の全速力より速いんじゃないだろうか。
あっという間に通り過ぎていった。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-02-23 14:55 | Trackback | Comments(2)