4人目にして初めての〜

水疱瘡。
幼児期の集団生活でつきものなのが、感染症だ。
今は予防接種は2回するんだねぇ。
上の子たちは任意で1回だったので、末っ子もてっきり1回だと思ってた。

しかも今は発症から2日以内に使えば効果があるという抗ウイルス剤まである。
末っ子のは軽かったのと、抗ウイルス剤を使うと免疫がしっかりつかなくなるので、何も使わずに自然治癒を待つことに。
受動免疫と獲得免疫では違うのだ。

さてさて、興味があったのは、このカチリ。
b0238426_07592996.jpg

名前も面白いが、つけてる様子も面白いのだ。
子供ならではの白ポツだらけ。
修正液のようは真っ白なクリームで、乾くと石膏のようになる。
痒み止めでもあるが、水疱が破れて中からウイルスが飛散しないよう、コーティングする役目もあるらしい。
でもこの季節、お風呂上がりに乾くのを待ってたら、完全に湯冷めしたのだった。

登園停止扱いの感染症。
きれいに治ったら、治癒証明をもらいに小児科をまた受診しなければならない。
予約しても1時間以上待たされるのに…。

働いてるお母さんたちは、こういう時、どうしてるんだろう。祖母に頼れない人は病児保育を利用するのかもしれないけど、1日2日で治るものじゃないしね。

休日の公園で、立ち話に夢中な若いお母さんたちがいた。子供をほっぽいてるので、私がなんとなく砂場でみんなを見てる形になってしまった。
ずっと仕事の話してたなぁ。
[PR]

by jasmine-boo | 2015-12-08 07:37 | 子供・育児 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://jasmineboo.exblog.jp/tb/25160368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。