ふうせんかずらの三兄弟

b0238426_10131192.jpg

次男が学校からとってきてくれた。
この夏の水泳教室、皆勤まで残すところ1回。
プール清掃も参加した。
休み前の個人面談で、きちんと通う子は伸びますよ~って言われたけど、去年はさっぱりだった。
どうせ私に似たんだし・・・・・・。
ところが今年は毎週ある検定を何度もクリアし、今は平泳ぎ100mに挑戦中だ。
もう、十分頑張ったからいいよ。上出来!
「なんでお母さんはそこでほめるの?」と不満。
あらら、もっと頑張りたいんだったら限界に挑戦してみ!
(運動神経は夫に似てきたのかもしれない)

どこへも行かなかったけど、水泳では実りある夏休みだった。
(しかし、塾の夏季講習で忙しい子は水泳教室には来ない。家の用事もあると思うが5~6年生の3/4が欠席だそう。しかも半日講習に行ってる子を差し引くと、塾に行ってない子の数は限られる。塾に行ってなくて何か?)


お盆に社宅に住んでた頃の友人たちと会った。
晴海トリトンスクエア
相変わらず閑散としている。
飲み物やお惣菜をスーパーで買い込んでテラスでミニ宴会をした。
b0238426_10134211.jpg

b0238426_1014895.jpg

次男がおなかにいた頃の友人たちなので、もう10年以上たつ。
みんな育児が一段落し、仕事をばりばりやっている。
もちろん夫同伴でやってきた。
翌日、江戸三大祭の一つ、深川八幡祭例大祭でお神輿を夫婦で担ぐために休みをとって集まったのだった。
54基の大人神輿が8kmを練り歩く。

社宅時代も夫は海外出張で不在がちだった。
一緒にお祭りを楽しんだ記憶は1回しかない。
エジプトから帰国して、浦島太郎だった私はその土地に慣れようと小さかった長女と長男と3人で必死だった。
そんな頃に出会った友人たちなのでお互いのことをよく知っている。
社宅で家庭出産したのもいい思い出だ。
(だって、義母実母には来てもらわなかったし、夫はいないからゆっくり入院してる場合じゃなかったし。助産所出産や家庭出産などこだわりの選択をした友人たちが手伝ってくれた)

でも、やっぱりお正月なりお盆なり、家族が全員そろわないのって異常なのだ。
いつかお父さんが帰ってきたら、あれをしよう、これをしよう、と言ってるうちに数年が過ぎ、子供たちはどんどん大きくなっていった。
無意識に我慢、辛抱していたのかもしれない。

「(どうせ夫はいないし、子供は抜きにして)これから何をしたいの?」
友人たちから突き付けられた質問。

大いに悩み戸惑う私は来月45歳になる。
時間は待ってくれない。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-08-21 10:12 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://jasmineboo.exblog.jp/tb/23203642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。