<   2016年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

残り物には福!

今日は午前中は鯉のぼり出したりして、午後から行動開始。
自転車で行けるボート乗り場へ。
待ち時間なし。
たったの100円。
自販機で券を買うんだけど、係のおじさん暇なもんだから、全部やってくれた。
b0238426_19473565.jpg

ペダルを漕いだのはもちろん私。
b0238426_19473605.jpg

風が強かったのだけど、何もしないとどんどん流された。
おじさんが、ミズクラゲをすくって触らせてくれた。
弾力のあるプルプルというより硬めのトゥルトゥル。

連休にわざわざたくさんの人を見に行くこともないさ。
◯◯ランド系はね、家族連れで行くものだからね。
いや、正直なところ、家族連れを見ると羨ましくなるから。

近くにはうさぎ小屋がある。
最初は公園に捨てられたうさぎを管理事務所で世話していた。そのうち規模が拡大し、更に捨てていく人もいて、今は9匹だそう。
係のお姉さんに色々教えてもらった。
うさぎの歯は28本。
どんどん伸びるので、食物繊維とか硬いもので磨耗させていかないと、ひどい時は頬を貫通したりするらしい。だから食事は大事、と。
穴掘りが大好き、本当にトンネルを掘られると探せなくなるので、時々、穴は埋めるのだそう。
犬と同じで縄張りが大事で、オシッコをあちこちでする。
しかも散らすのだ!
ヘぇ〜。

近くの公園でパパと一緒のお友達と偶然会い、しばらく遊んだ。
もーベンチでスマホいじりしてる〜若パパ。
せっかくの休みなんだから、一緒に遊ぼうよねぇ。

夕方になったので、どんどん戻ってきて、いつもの公園では、なんと地酒祭り。
お酒飲みたかったが、自転車なので飲酒運転になるもんね。
(たかが自転車と思われるかもしれないが、ちゃんと取り締まりはあるんです)

末っ子はかき氷が食べたい、と。
レジャー費予算より、かなり下回っているのでいいですよぉ。
私は〜モツ煮。
すんごいてんこ盛りにしてくれて、しかも最後だからってお代の400円を受け取らないのだ。
本当にいいの?
おじさんありがとう!と握手をすると。
あらら、おじいさんは、満面の笑み。
上の前歯、3本は欠損してる。
これじゃ、椎茸の煮物噛み切れないな〜と同時に思った。
b0238426_19473668.jpg

隣でくさやを焼いてたので、いつか食べてみたいと思った。
未だ未経験。
[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-30 19:26 | Trackback | Comments(0)

良いことをしたつもり

相手はどう思っているか知らないが。
言葉が通じないので知る術がない。

昨日は一日中雨だった。
幼稚園から帰るのにバス停へ行くと、先に待っていた子供達が、アゲハチョウ!と盛り上がっていた。
そばに行っても逃げないからだ。

なんでそんな所にとまるかな。
ガードレールの町内地図の看板の上。
もちろん雨に濡れて羽ばたけない状態。

そっとつまんで、バス停の時刻表の下の雨宿りできそうな所にとまらせた。

でも、落ちた。
羽が重くて身動きできない。

ありゃりゃ。
今度は木の幹から出てる大きな葉っぱの下のつかまれそうな所に。
どうやら落ち着いたようだ。

ちゃんと乾かして、雨が止んだらお家へ帰るんだよ。

さて、バスに乗って目的地で降りて、家に向かって歩いていると、大きなミミズ。
15センチくらいあるだろうか。
土の中にもぐりたいのにアスファルトの小さな窪みに頭をつっこんでは、違った!今度はあっちだ!違った!今度こそ!的な動き。

長靴の先で突っついて植え込みの方へ誘導しようとするが、ウネウネ…。

もう、世話がやけるねー。
摘もうとするが、ぴちぴち動くしヌルヌルでつまめない。
雨で洗われてきれいだからいいっか。
(失礼なこと言ってごめんよ、ミミズさん)
太いミミズをしっかり握って植え込みの方へぽーい!

末っ子は黙って見ていた。

[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-28 19:42 | Trackback | Comments(0)

自分のルーツを知る

両親から祖父母の話を聞くことができても、祖父母から両親の幼少の頃の話を聞くのは難しい。
父のことは祖母から聞いていたが、母のことは聞いたことがなかった。
母方の祖父はとっくに他界していたし、祖母は病気のためコミュニケーションが取れる感じではなかったので、会話したことはなかった。
それに昔は結婚したら嫁ぎ先に尽くすのであって、実家へ遊びに行くなんて簡単にはできなかった。だから、私は母の実家にへはあまり行ったことがなかった。行ってはいけない所のような気がした。母が三つ指ついて(父方の)祖母に挨拶してから出かけるような所だった。

先月、上京した伯母が写真持参で色々話してくれた。
b0238426_11560168.jpg

b0238426_11560133.jpg

オシャレする時は伊達眼鏡が必須アイテムな祖父。
母は10人兄弟の末っ子で、伯母は9番目だけど11歳離れている。上から3番目までの兄弟は異母兄弟。
つまり祖母は後妻さんだった。
祖母は7人産んだことになるが、実際には2人亡くなっているので9人産んだことになる。
大きな地主農家だったが、躾に厳しい人だったらしい。祖父が芸者付きハイヤーで、どんなに遅くに帰宅しても、帯は解かずにきちんとした身なりで出迎えていたらしい。
母が生まれた頃は農作業が忙しく、伯母は学校を休んで子守をするように言われたらしい。
しかし、学校へ行きたかった伯母は母をおんぶして通学したらしい。

伯母さん、母を育ててくれて、ありがとう。

家は、何人もそこで命を落としたという、流れの速い川のそばにあった。
井戸ではなく、川の水をそのまま飲水に使用していたというから、どんなにきれいだったのだろう。
ある日、母と伯母が遊んでいると、誤って母は川に落ち、流されたのだそう。伯母はパニックになり、何もできなかったらしい。
しかし、家の中にいた祖母が何を聞きつけたのか、飛び出してきて、もんぺ姿のまま川へ飛び込み、母を助けたのだそう。
泳ぎには自信があったそうだが、当時、50歳に近かった。

おばあちゃん、母を救ってくれて、ありがとう。

もちろん母は覚えていないし、伯母から初めてそんな話を聞けて良かったと思う。
自分の命もそして子供達の命も大切にしなければ。

[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-28 11:32 | Trackback | Comments(2)

毎年ちゃんと祝える幸せ

末っ子が5歳になった。
幼稚園でもお祝いしてもらい、テンション上がりっぱなし。

年中さんになると、お誕生会は少し具体的になり、光の玉がお母さんのお腹に宿って出てきて、ぶどうの木の実になる、というもの。
だから、肌色のデフォルメされた子宮のようなフワフワの袋から、黄色いまるを取り出し、壁にある大きなぶどうの木に貼るところまで。
キリスト教ではぶどうの木はキーワードらしい。

誕生日パワーで⁈スイミングの試験にも合格。
来月からは学童コースで小学生と一緒にレッスンを受ける。
と書くと、あたかもすごいことのように思われるかもしれないが、ベビークラスから習ってるので、水慣れから始める小学生に比べれば、泳げて当然なのだ。

b0238426_10110231.jpg

15センチじゃ寂しいので18センチで作った。
真ん中にはリクエストのバナナクリームをサンド。
やはり娘がいないと4人で食べきるのは難しい。
でも、末っ子は自分のケーキ!とうれしそうに翌朝も残りを食べた。

b0238426_10110295.jpg

プレゼントはアイロンビーズ。
懐かしいー!子供の頃にやりましたーって先生に言われると、そちらの世代…つまり、私の子供達の世代に近いんだなって思う。

小さい時は普通につまめたけど、今は手が大きくなったので、難しいな、と次男。
そうそう、私も爪でつまんでぽとんと落としながらやったっけ。
最近は大人も参加できるようにピンセットも別売りされてる。

バースデーカードも自分で読めるようになった。
Skypeで父親に読んで聞かせてた。
エアメールで父親からもバースデーカードは届いてたけど。

こんなお誕生会は高3までかな。




[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-25 09:45 | 子供・育児 | Trackback | Comments(7)

少しだけちゃんとする

お弁当がマンネリになってきた。
ここは気分転換、書店をぶらぶら。
人気ブロガーさんが出したレシピ本がたくさんあった。
その中でも、目についたのが、これ。
nozomiさんの「つくおき」
b0238426_09321316.jpg

いつも一度に食べきる量しかつくらないので、残り物が冷蔵庫にあることがない。
それに何日保存出来るのか、よくわからないので、仮に残ったとしても翌日には食べきっていた。

この本では、共働きのご夫婦の毎日のお弁当と夕食に使えるおかずを週末に全て作ってしまうというもの。だから、5日間保存できるものばかり紹介されてる。

この通りにやることはないので、余った食材があれば、ちょちょっと作りおきするのに便利だ。
それに私は冷凍食品も使う。
これを言うと若いママたちに安心する〜って言われるけど、全て手作りにこだわらなくてもいいと思う。
毎日のように何年も作り続けるんだから。

b0238426_09321389.jpg

長男と末っ子のお弁当。
長男のにはハンバーグの下に目玉焼きが隠されている。

b0238426_09321396.jpg

末っ子の、ちょっと多すぎたかな?と思ったが、完食してきた。
末っ子のお弁当がない日は、ピリ辛とか大人なおかずを入れるようにしている。

夕飯に回すことはないが、私のお昼ご飯が充実してきた。

この本、かなりのレシピが紹介されてるので、レパートリーを増やしていこう。
ホーローの保存容器も欲しくなってきた。。。

[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-23 09:21 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

優しい気持ちになる本

本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの「羊と鋼の森」
b0238426_10344111.jpg


帯に村上春樹のドライさと湿り気っていう評があったけど、どうだろうか。

違う、と思った。

ひたすら優しい言葉を紡いでいった素敵なお話だった。嫌な気分になったりする場面はない。
高校生のお子さんがいらっしゃるらしいから、ひたすら母親としての優しさが溢れてるような気がする。
もちろん、親子のやり取りの場面なんかはないのだけど、どこか遠くからずっと主人公を見守っているような感じ。

「ぽうぽうと」
この人独特の表現。

末っ子の幼稚園で初めて羊毛手芸というものに出会った。あのニードルでちくちく…が音の世界で重要だったなんて、初めて知った。
おおお!という驚き。

実家にあった私のピアノ。
両親はもちろん弾かないし、甥っ子たちや姪っ子も興味はなく、弟とその奥さんにあっさりといつの間にか処分されてしまっていた。
なんの断りもなく。
父から最近聞くまで知らなかった。
北海道から東京まで運ぶ訳にもいかないし、マンション暮らしじゃね。

ごめんなさい。
私のピアノ。
もっとちゃんと磨いて弾いてお別れするべきだったね。


[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-20 10:09 | | Trackback | Comments(0)

まだ花見は続く

4月は保護者会&役員決めの季節。
親睦会や懇親会、茶話会などなど。
幼稚園では、さすがに最年長なので何か言っても重くなってしまいがち。隠居しましょう。
見守る立場で。
先生も若くて、もう親目線でしか見れない。
頑張って!とエールを送りつつ、見守りましょう(怖い保護者から⁈)。

中学校は素敵なクラスで、決める前から立候補者が出てた。できる限りお手伝いしよう。

さて、高校。
今まで、あまり関わってなかったので、不穏な雰囲気になる前に、軽めの委員を引き受けた。
顔合わせ委員会に行ってみると、受験を控えた3年生保護者はお飾り的存在で、1,2年生保護者が中心になって活動するんだって!
これなら幼児連れでもできそう。

この日は末っ子を連れてたので、保護者会の途中から飽きてきた。ぬりえも迷路も飽きてしまい。。。顔合わせ委員会まで時間があったので、新宿御苑へ。

広い!こんな都会に緑がいっぱい。
御苑内を走る作業用トラックも電気自動車という徹底ぶり。土曜日とあって花見客で賑わっていたが、ゴミがない。
さすが。
b0238426_11454527.jpg

b0238426_11454655.jpg

b0238426_11454750.jpg

b0238426_11454780.jpg


再び学校にもどり、委員会が終わる頃には暗くなっていた。
帰りに末っ子と約束していた苺大福と豆大福を買った。
桜バージョンの包装がきれい。
b0238426_11454795.jpg



スマホアプリの防災速報アラームが止まらない。
あの夜から何日も過ぎたのに、まだ余震が熊本の人たちを苦しめ続けている。
1日も早く本格的復興が進むことをお祈りしています。

[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-17 11:31 | Trackback | Comments(0)

それぞれの春

退院後の通院もなくなり、セルフケアになった夫。10kmRUNにエントリーしてるので、もったいないから出るわ、と先週10km走ってみたそうな。
スネはまだガーゼ保護されてる状態。
走ってると落ちてくるので…サッカーのストッキングよのうなものもないので、自前の靴下の先を切ってふくらはぎまで上げて固定してるとか。
そこまでしてねぇ。
年明けに受けた試験にも合格し、昇格した。
着々と自己実現している。
育児に参加しなくても遠隔地で4人の子供たちは自動的に育っている。
家のことをしなくても家は自動的に守られている。

本屋大賞を受賞した宮下奈都さんの言葉がグサリときた。36歳の時に3人目を授かり「このままでは(人生が)子育てに塗り込められる。自分にはなにもない。」という焦りから執筆を始めたという。

私はどうだったのだろう。焦りはなかった。すでに子育てだけで人生が終わる、と諦めた。でも、平均寿命まで生きるとすると人生後半戦、これでいいのかと焦ってきた。
夫に育児を丸投げされてるからって言い訳にしてきたのかもしれない。介護で縛られてないだけ自由の身なんだ。
でも、やっぱり子供たちのそばにはいてあげたい、というジレンマ。

昨日娘から、画像つきメールがあった。自転車で顔からコケて前歯が少し欠けたのだけど、水がしみるので受診した方がいいか、と。
顔はアンパンマンのように腫れて⁈(単に太ってる⁈)鼻の下には大きな擦り傷、唇もタラコ唇に。
あ〜あ、女の子なのにねぇ。
その程度の欠けならなんともないし、ただ一時的に知覚過敏になってるだけだろうけど、大学生は歯科健診ないからね、ついでにやってもらいな、と。
異常なし。虫歯ゼロって言われた〜、傷に軟膏ぬってくれた〜と。
夫と娘はちょっと似ている。

長男はバリバリ理系クラス。
毎日、数学と物理の授業がある。多い日は2時間。
もう私のわからない領域を学んでいるということで、ちょっと優越感があるらしい。
食事の時になんかの公式や定理を小出しする。
ま、コツコツタイプなので、そのまま受験に突っ走ってもらいましょう。

さて、次男。
色々と難しい年頃。
何でも話してくれるので、とても分かりやすい。
一喜一憂、揺れてるのがよくわかる。
父親と遊びたい時期に一緒にいられなかったというのがあり、上2人とは父親に対する考え方が違う。
末っ子の幼稚園は軌道に乗ったので、今年は次男を重点的に見ていこう。
いや、後半は長男の受験もあるし、今年はどうなることやら。


[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-14 09:59 | Trackback | Comments(0)

フレッシュなまま、お届けします

b0238426_06423672.jpg

海の仲間たちごっこに付き合わされる。
このメンバーで鬼ごっことかかくれんぼとか。
かけっこ(走らないで泳ぐ!)は現実的にはマグロが最速だけれど、そうはいかない、というオチ。
[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-13 06:42 | Trackback | Comments(2)

お弁当もって…

幼稚園がお休みだったので、末っ子とお出掛け。
b0238426_16122709.jpg

ここは何処でしょう?
b0238426_16135973.jpg

遠景にゲートブリッジと若洲の風力発電の風車。
この辺り、東京オリンピックのマリンスポーツの候補地になってたけど。
干潮のため、波打際が遠い。


b0238426_16122888.jpg

このクリスタルビューに上って見てみると

b0238426_16122978.jpg

TDLが見え、葛西臨海水族園が見える。

b0238426_16122915.jpg

生態系が壊れませんように。

パークトレインで公園内を25分かけて一周した後、お散歩。
午前中はもちろん水族園へ。
b0238426_16123010.jpg

b0238426_16123084.jpg

マグロを買わされた。
平日は空いててじっくり見ることができた。
お気に入りの水槽に張り付いてずーっと見てたり。
体験コーナーでもネコザメとイヌザメとエイを何回も触ってきた。
サメ肌…なるほど、こんなザラザラ具合ね。
エイの粘膜質な表皮はトゥルントゥルン。
イヌザメ…語源を係のお兄さんに質問したが、わからない、と。学名も犬とは関係なさそう。もちろん表面的な特徴も。

[PR]

by jasmine-boo | 2016-04-11 15:58 | お出かけ | Trackback | Comments(0)