<   2014年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

おやおや・・・

最近知った言葉にブラッドタイプ・ハラスメントというのがあった。
セクハラ、パワハラ、マタハラまでは知ってたが。

血液型によって就職や人事で不当な扱いを受けること。

血液型にこだわるのは日本人だけであって、いつまで続くのやら、と思っていたが、そんな差別があったなんて。
当然B型が不利となる。
(B型のみなさん、深刻な場面ではないにしろ、血液型のことで不快な思いをされた方は多いはず)
私もそうだが、子供たちはみんなたぶんB型。
もしかしたら将来、不当な扱いをどこかで受けてたかもしれない。

九州大学は、日米1万人以上を調べて、血液型と性格の関連性に科学的根拠はない、と結論付けた。
こんなくだらない差別をなくすために時間をかけて調査してくださった九州大に感謝したい。


確かに、自分はB型だからこうなんだって簡単に納得させてた部分もあった。
これから血液型のことで何かを言われたら、
「科学的根拠ないってさ~」とさらりとかわそう。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-30 09:50 | Trackback | Comments(4)

暑いけど、がんばれる

猛暑日がちょっと落ち着いて、今日は雲がある。
ママ友を誘って探検!
b0238426_15111035.jpg



b0238426_15113058.jpg

なんで集合時間に集まらないかな。
早朝じゃないのに。
今出ました!と次々にLineが・・・・。
練習してるうちにちびちゃんは一人で移動できるようになった。

b0238426_1512924.jpg

大人が4人乗ると浸水する。
この前、中学生と遊んだ時は、端で飛びはねて、わざとに浸水させて楽しかった。
ちびちゃんはそういうのも平気。

b0238426_15122093.jpg

場所を移動し、今回は準備していったので、大漁だった。
最終的には30匹くらいだろうか。
ザリガニというのは水質汚染ピラミッドの底辺にいるのだそう。
生態系も変わってきている。

子供のころ(北海道人です)はザリガニといえば、山の沢のきれいな水の流れる川の石の下にいたが、今は汚濁水の中にうじゃうじゃいる。


暑いけど、毎日外遊びしているのはちびちゃんのため。
幼児期に汗腺の数が決まると言われている。
この先10年、20年、30年、確実に温暖化は進み、日本は亜熱帯気候になる。
そういう変化に適応できる体作りは幼児期から始まっていると思う。
「お肌のため(あせもをつくらない)には26℃の室内で過ごしましょう。」
弱い子は仕方ないが、子供なんてあせもができて当たり前、思いっきり外で大汗かいた後に水浴びして、たっぷり昼寝してしっかり食べれば大丈夫。

最近気になっているのは、晩婚化・晩産化が進んでいる都市部では当然、かなりの数の幼児を連れたアラフォーがいるはずである。
なのにほとんど見かけないのだ。
私の行動範囲では。
おそらく、バリバリ仕事してきたので、産休明けには職場復帰しているので、ほとんどが保育園にいるのだろう。
しかし、そのまま専業主婦になっている人もいるはず。
どこにいるかというと・・・・・炎天下の公園にはいない。
たぶん、冷房完備のテーマパークだの遊戯施設。
そして、ベビークラスから始められる何かのお教室。

初めての育児で大変だし、年齢的にもきついかもしれないが、温室育ちの子供が増えるような気がする。
学力はいいが、生活習慣なんかも中途半端な。
(もちろん一部のことです)

そして、少子化って言ってるけど、実際、育児をしたくない母親が多くなってきているように思う。
意識が変わってきたというか。。。。
確かに育児なんて忍耐と我慢と自己犠牲の繰り返しのような部分が多い。
今までのステイタスを崩さずにやっていくなんて無理。
髪を振り乱して育児、なんて言わないけど、今までどおりにおしゃれや遊びを維持するのは無理。
うちの高校生たちが言う、ショッピングモールの閉店時間近くなっても走り回って騒いでる幼児はいかがなものか、と。

そして、赤ちゃんの時から、確実に託児利用している人は多い。
10年前はこんなんじゃなかった。
大変だけど仕方ないよね、お互いがんばろう、だったのに、24時間一緒なんてムリムリ!気が狂うわよね!だって。
(たった一人なのに?イクメンのダンナがいて両親にも頼ってるのに?とつっこみたいが、たぶん古臭いおばさん!って思われるんだろうな。いやいや、そういう人は別のところですごい苦労しているのだ、と思いたい)
育児が大変だから週3で預けて自分はジム行ったりショッピングしたりって人もいる。
託児とお教室が一緒になったような便利な施設もある。
高額だから、もちろんそれなりの家庭かもしれないが。

海外で住み込みや通いのメイドに家事も育児も丸投げしている母親たちをみてあきれたことがあるが、もし、日本で安価な人件費ですべて代行してくれるサービスができたら利用者は多いんじゃないだろうか。

それに待機児童の問題。
もぐらたたきのように施設を増やしても増やしても待機数が増えていく。
だって、条件を緩くするほど、それじゃ、預けて働こうかな、という人が出てくるから。
しかも、ほんのちょっとだけ。
(ほんの数時間パートに出るだけで、子供は終日みてもらえるのだ)
さらに実家が自営だったりすると申請の書類は簡単だ。
そんなんで専業主婦が子供を保育園に入れるせいで、本当に産休明けに職場復帰したい人ができないっておかしい。
これじゃ、国が目指す労働力も確保して人口も増やすっていうのは無理。

それに赤ちゃんのときから教育や習い事にお金かけすぎ。
ま、それぞれの家庭の方針やステイタスがあるので余計なお世話かもしれないが。
(でも、ちょっとびっくりした会話で、習い事やなんかがいっぱいの小学生が一番お金がかかるんじゃないの?と。塾や学費できりきり舞いになるのは子供手当や子供医療証がなくなる高校や大学の方がピークなんだよ!と言っておいた)


b0238426_15224374.jpg

外遊びのお供。
ガリガリっと噛んで、ごくごく水分補給すれば元気になれる。
(キャンディタイプは遊びながらには不向き)
これは、子供たちのためというより、実は大人のため。
冷房のない体育館で当番してるときなんかしっかり対策しないと、子供たちより先にバテてしまう。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-28 15:10 | 子供・育児 | Trackback | Comments(0)

お暑うございます。

寝てる間に熱中症になるんじゃないかと思うくらい、今朝は暑かった。
私は寝るときはエアコンは消す方だが、一緒に寝てるちびちゃんが、暑いとぐずる。
ぐっすり眠り込んでしまい、今朝の寝室は31℃だった。

今日の次男の練習試合は近いところだったので、付き添いはお昼まで。


昨日、ロクシタンで買い物して、帰宅して紙袋を開けると違うものが入っていた。
すぐに電話すると、平謝りで、着払いか、または人をよこす、ということだった。
なんか面倒だったので、これから行きます、と答えた。
b0238426_13322273.jpg

大変申し訳ありませんでした、と化粧水とシャワージェルまでくれた。
サンプル程度を予想してたので、うれしかった。
大汗かきながら、自転車で行った甲斐があった。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-26 13:20 | Trackback | Comments(5)

夏休みといえば

b0238426_8572493.jpg

次男がちびちゃんを連れて行ってくれるので、しばしの自由時間。

b0238426_8592029.jpg

朝顔。
なかなか涼しげ。

b0238426_8593281.jpg

グリーンカーテン。
90cm幅じゃ、足りないし、あまり役に立ってないけど、遮熱カーテンと併用して。


ちびちゃんはピアノに内蔵されてる名曲50選が好きで、いつもランダムに聴いてる。
ショパンの黒鍵のエチュードを聴いてたとき、私はなぜかひばりをイメージし、鳥さんが飛んでる感じしない?と。
すると「そーぶせん、ドアがしまりまーす!あぶないですから、はくせんまでおさがりくださーい!」だって。
そっちか…。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-24 08:56 | Trackback | Comments(2)

たのしい♪

近くの区立幼稚園では夏休みになっても、未就園児用の遊ぶ日を作ってくれる。
園長先生と数人の保護者ボランティアがやってくれる。
園長先生とは10数年前からの顔見知り。
上の二人がこことは違う区立幼稚園に通ってたときにそこで一般教諭をしていた。
新卒のように若かった先生が、今は園長先生に。
でも、あの笑顔と優しさは全然変わってない。
さらに余裕や自信が出て(貫録も?!)、すごくいい。
b0238426_8385952.jpg

こんな素敵な企画なのに、みんなどこかへ遊びに行ったのだろう。
ほぼ貸切状態。

b0238426_8382413.jpg

このゴム製の金魚、ぷにゅぷにゅで気持ちいい。
水の中では尾ひれをひらひらさせているが、水から出ると、くたっとなって瀕死の金魚みたいでリアル。

b0238426_8384411.jpg

こんな氷があったら面白いのに。

お昼はゆっくりして、午後からはまた公園遊び。
私の紫外線対策が間に合わない。


夏休みになっても娘はおにぎりを持って毎日学校へ行ってるな~と思ったら、夏季講習だった。
あれ?外部講習(某予備校の授業を録画したものを格安で聴講することができる)みたいな追加請求がなかったぞ。
学校の先生がやってくれる講習だった。
無料で7科目は大きい。
生徒は仕方ないけど、日本の先生たちも大変だ。
海外だったら6~9月は休みでバカンスなのに。
最近の新聞記事に日本の教員は勤務時間が長すぎると載っていた。
部活顧問だって大変なことだ。
ストレスや疲労を慢性的にためてエンドレスに仕事するのって本当に能率いいんだろうか。
仕事しないと不安になるくらいがっつり休暇とって、それから元気いっぱいにまた仕事に励む方がいいのではないだろうか。
ま、お盆休みくらいはあるのだろうけど。

教員ではないが、お盆もお正月も休みのないうちの夫はいかがなものか。
昔から超過勤務で完全に労働基準に反してる。
以前、同業の会社の人の奥さんに、もしもの労災のためにも勤務時間の記録とってるって話をきいたことがある。
単身赴任じゃ、証拠も何もない。
国内外にかかわらず、多くの日本人がこうやって働いている。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-23 08:37 | 子供・育児 | Trackback | Comments(4)

連休中のこと

まじめに防災訓練イベントに参加してきた。
6軒の家を消火。
b0238426_1238243.jpg


お決まりの消防車の他、白バイにも乗せてもらった。
b0238426_12393322.jpg


陸上自衛隊も来ていたので、バイクに乗せてもらった。
自衛隊の帽子、桜の花が刺繍してあった!
知らなかった!
おまわりさんや消防士さんと違い、迷彩服の自衛隊員はちょっと怖かった、とちびちゃん。
確かに、バイク乗ろうか!ジャケットも着ようか!メットもかぶろうか!って次々着せられて、強引っぽかったのでちびちゃんの表情はこわばっていた。
迷彩のジープにも乗ってみたが、無表情に・・・・・。
b0238426_12391249.jpg

集団的自衛権について、ぶっちゃけどう思うのか聞いてみたかったが、やめた。
採用説明会のビラ、あまり積極的にではなく配ってた。

炎天下のイベントを一通り体験して、買い物して帰宅。
ざざっと昼ごはん。
紅ショウガがないって?想像して食べなさい。
b0238426_12423899.jpg


夕方から大雨洪水警報がでる。
雷鳴がすごかった。
姉に「小さい子のおへそはやわらかくておいしいから(かみなりさんにとられないよう)気をつけな!」と言われ、おなかを守っている。
トイレに行ったときにそーっとおへそを確認して、安心する。
b0238426_12415021.jpg

雷鳴と豪雨・・・・すごかった。
なんとなくみんなリビングに集まってくっつきあっているのが面白い。
(小動物が巣で身を寄せ合っているような・・・・)
怖い、とはけっして言わないけど。

b0238426_12402878.jpg

この日は、夕刊で紹介されていた冬瓜のカレー風スープ。
写真を撮ろうと思っていたのに、こんな状態になってしまった。
少しアレンジしたけど、にんにくとたまねぎを炒め、トマトとしいたけ、豚しゃぶしゃぶ肉(レシピでは鶏挽肉)、下ゆでした冬瓜、を入れてカレーペーストと塩で味付けし、冬瓜にしみこむまで水分を飛ばす。
冬瓜が嫌いな子供たちもお肉がたくさん入ってたので喜んで食べてくれた。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-22 12:37 | イベント | Trackback | Comments(0)

まだ始まったばかり

小学生の試合って、原則付き添いが必要なので、夏休みは毎週のように忙しくなる。
b0238426_2037520.jpg

次男と私とちびちゃんのお弁当を作り、部活や講習のある高校生たちのお昼ご飯は帰ってきたら食べられるように準備。
買って食べてってお金を置いていくのは簡単だが、塵も積もれば大金。
野菜が足りないけど、夕食にたくさん食べることにして。。。

次男の試合の付き添いなんだけど、大きな大会だと開会式から閉会式までいなきゃいけないので、今日は8時半から17時まで会場校に缶詰だった。
ちびちゃんが飽きないようにオモチャやおやつを用意していったが、いつものようにぐずった。
家族全員で観戦したりもする人たちももちろんいるが、大抵は乳幼児なんか連れて来ない。

もうこういう付き添いは勘弁してほしい。長男のときも、小さな次男を連れて大変だったし。

ちびちゃんにはなるべく一日べったりの付き添いがいらないスポーツをやらせたい。
親の都合で決めるな、と言われてもいい、一流選手になるわけでなくても、とにかく大変なのだ。
スポーツ観戦に興味がない人間にとっては。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-21 20:35 | 子供・育児 | Trackback | Comments(0)

なんとか終了

次男のピアノの発表会だった。
中学生になったら部活に専念したいので6年生でやめる、と宣言して最後のソロでの発表会だった(冬にアンサンブルが残ってるが)。
出番は第3部の45番目だったので夜だった。
曲は自分で選んだショパンの「子犬のワルツ」。
ミスタッチはあったが、4連符もちゃんとできたので良しとしよう。

やっぱり私はピアノの音が好きなんだと思った。
中学の時にクラリネットをやっていたが、どうも好きになれなかった。
下手なせいもあるが、音が全然よくない。
1stクラリネットの演奏を聴いても上手だけど心地よいとは思ったことがなかった。
でも、ピアノは違う。
自分の子供が弾いてるっていう親のひいき目もなくはないが、下手な練習も聞くのは大好き。
一つ一つの音が好き。
もちろん発表会で使うような高級グランドピアノはすごくいい音だけど、うちの安ぽっちい電子ピアノの音も好き。
ちびちゃんがなりきってぐちゃぐちゃ弾いてるのも好き。
久しぶりに自分で弾いてる音も好き。

ちびちゃんも好きなので、いつから習わせようか・・・・・。



次男の皮膚科に付き添ったあと、調剤薬局でお昼ご飯の情報収集。
ここは主婦が好きそうな雑誌や本がたくさんある。
ダイエット茶のサンプル飲み放題なのもいい。
で、ちらりと見たレシピで作ってみた。
ご飯の上にもやしと牛挽肉の炒め物をのせて、さらにふわふわ卵焼きをのせて甘酢あんをかけたもの。
b0238426_13513237.jpg

これの他に、部活から帰ってきた長男にはメガ盛りで作ってみたが、ご飯が多くて中まで味がしみてない、と醤油をかけられた。具材の種類ももう少し増やしてほしい、とクレームが。。。。

夏休みの昼ごはん、まだまだ戦いは始まったばかり。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-20 13:50 | イベント | Trackback | Comments(3)

たまにはね

毎月1~2回、ちびちゃんを一時保育に預けている。
先日は、たまたま用事がなかったけど、せっかく予約してるので行かせた。
(託児理由がはっきりしないお預けはちびちゃんにもわかるようで、気乗りせず、泣いてぐずっていたらしい)

誰にも邪魔されずに、掃除したり片付けものしたり、買い出しに行ったり、それなりに有意義に時間が過ぎた。
実は、一足早く夏休みになった長男がいた。
高校生になって初めての夏休みなので、課題の多さに驚き、食事以外はずっと部屋にこもって勉強していた。
ちょっと気分転換に連れ出そう、と外食に誘ってみた。
中学の頃は二人で(ちびちゃんはもれなくついてきますが・・・)の外食は嫌がった。
たぶん、女子に見つかるとマザコンって思われる?!とか何かあるのだろう。

ところが、高校生になって吹っ切れた?!のか、いそいそと支度を始めた。
もう、夫より背が高いので、私にとってはちょっとしたデート気分。
といっても、自転車で近場のモールに出かけるだけだけど。

イタリアンレストランでランチセットを食べて満足。
子供が4人もいると、いつもちびちゃんに手がかかって、他の3人とはなかなかゆっくり話す機会がない。
家で話すのもいいが、時々、タイミングが合えば、一人ずつ連れ出しておしゃべりするようにしている。
次男なんて、お母さんを独り占め(ちびちゃんはもれなくついてきますが・・・)できるのがうれしくて?!うるさい兄姉もいなくて、ご機嫌になる。
娘も弟たちの目を気にせず(スイーツはデブる~!と言われるので)、食べられるお出かけは大好きだ。

でもでも、各々にとっては一回の外食も私にとっては毎回なので、一番得するのは私である。


そして、ちびちゃんのお迎え。
今日、ぼく、がんばったよ、って顔でぴとーっとくっついてきた。
預けた日はまるで倍返し。
帰ったら、ずっと遊び相手させられる。
この日は、都立公園に行きたい、と。
週末はすごい混雑なのに、平日はこんな感じ。
b0238426_5575315.jpg

遊具のある方へは行かず、ここでサッカーボールドリブルしたりして遊んだ。
b0238426_5581675.jpg

すぐに満足したらしく、もう帰ろう、と。

そして、いつものように一緒にご飯を食べてお風呂に入って寝た。
ちびちゃんは寝るとき、とんとんして~と言う。
赤ちゃんをよしよしするときのアレである。
仰向けに寝て、おなかをとんとんするのが好き。
「とんとんするとね~きもちーの!」
「とんとんするとね~うれしーの!」
へ~そうなんだ。
じゃ、おかあさんにもやってみて。
小さなおててでとんとんやってくれる。
う~ん、どうってことないや。
おやすみ!
いつものように私の方が先に爆睡。

一般家庭でよくある、おやすみ前の読み聞かせは、ない。
老眼始まりかけのお年頃は眼精疲労もひどく、寝る前の活字は見ないようにしている。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-19 05:57 | Trackback | Comments(0)

知らなかったことがいっぱい

これは漫画「宇宙兄弟」のストーリーの基となっている人たちのインタビュー集。
宇宙に関係する職業の多いこと。
医療現場の人、研究職の人、繊維メーカーだったり、鉄鋼業だったり、ありとあらゆるジャンルの職種。
理系とは限らない、文系の職種もあった。
これをもっと若いころに読んでいたら職業とか人生についてもっと考えたかもしれない。
(って、最近出版されたばかりだけど)

みんなに共通する「嫌いな言葉」は「無理」「できない」という、やりもしないで不可能と決めつけるような言葉だった。
やりたいことに向かって、たとえ結果がでなくても何十年もモチベーションを保ち続けてるのってすごいと思う。
b0238426_642741.jpg
b0238426_6422384.jpg


でも、やっぱり気になったのは、専門性を高めるほど、他のことを犠牲にしてでも目的のために突き進むような職業は男性に多いこと。
育児は男性にもできるけど、妊娠と出産は女性しかできない。
もちろん両立も不可能ではないけれど、すごい壁だらけ。
この違いをメリットととるか、デメリットととるかで女性の人生って変わるんだろうな、と。
特に、今の日本じゃ壁だらけ。

もちろんメリットがあるかないかで考えてはいけないけど、今の日本じゃそんな感じ。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-07-18 07:07 | Trackback | Comments(2)