<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

わくわく・・・・・

来年度から何をしようか・・・・・・今からわくわくしている。
特別なことではない。
ちびちゃんが入園すれば、毎日、確実に自分一人の時間が少しだけど持てるようになる。

末っ子が入園したら、何をしていいかわからなくなって・・・・・
末っ子が入学したら、7時半から寂しくて・・・・・・・
何人かからこんなことを聞いた。
彼女たちは、まず、末っ子が在園する、あるいは卒園した幼稚園の未就園児用の会のボランティアをしていた。
私もこのボランティアは10年ほど前にやったことがある。
しかし、乳幼児連れの状態だった。

1人の時間を持ったら・・・・・・
好きな時に美容院に行ける!
ゆっくり吟味しながらスーパーで買い物できる。
ショッピングもできる。
ネイルも行ける。
映画も行ける。
次男は中学生になるので学校のお手伝いもできるかもしれない。
(いや、それは無理かも。小学校と違い、PTAの話し合いは週末や夜だったりするので、ちびちゃんはいる時間帯だ・・・・)
ジムかプール(水泳教室)に行きたい。
(でも年少さんのお迎えは早いので難しいかも)
ママランチは・・・・・お迎えの時間に間に合わないので無理か。。。。。

う~ん、まずは、英語の勉強か。
海外で暮らしてたのなら、英語ペラペラなの?ってよく言われるけど、そうではない。
もともと下手なのに、使わなくなるととっても恥ずかしいレベルになってる。
まじめに英検の準備をしよう。
今はテレビの「ニュースで英会話」を録画してみてるのと、二人の高校生にちょっとこれ教えて~と言われて、ちょっと待った!と調べて教える程度だけれど、期待に応えることができなかったりする。
ちゃんと勉強しなければ。
娘の大学受験英語をチラチラ見せてもらったりもしている。
しかし、なんでこんな難しい勉強してるのに日本人って話せるようにならないんだろ。
海外では、日本人は英語が話せないっていうのは有名な話だ。
いろいろ反省して、教育も変わってきて会話とかコミュニケーション英語なども取り入れられるようになった。
それでも根本的なところで問題が生じてきた。

日本語での会話が圧倒的に少なくなってきている。
何人も子供が集まっているのに、おしゃべりはしないで、ゲームだとかスマホいじりだとかで会話がないという奇妙な状態が当たり前になってきている。
だれかと面と向かって話したいって欲求がなければ、外国語習得以前の問題である。

まずは、スマホ依存しないで、コミュ貧を改善させるところからだよ、いまどきの子供たち、若者よ!
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-30 11:59 | Trackback | Comments(2)

少しだけど

薔薇の植木鉢の隅っこに大豆を蒔いたところ、枝豆ができたので収穫。
ちびちゃんのおやつにもならないけど。
無農薬栽培!
b0238426_17112885.jpg

最近、ちびちゃんはなんで?なぜ?どうして?どうやって?が多い。
枝豆の謎はこれで解決♪
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-29 17:08 | 食べ物 | Trackback | Comments(1)

もっと早くに買うべきだった

持ってなかったの?と言われそうだ。
バット。
ずっとほしいと思っていたが、スクエアなベークウェアとか角皿やキャッセロールなどを組み合わせてなんとかやっていた。しかし、能率が悪かった。
揚げ物するときも調理台が汚れたし、サイズがバラバラなものを並べると場所をとった。
下ごしらえしても、いつもラップをかけていた。
思い切って買ってみたところ・・・・・
b0238426_15172288.jpg

揚げ物がとてもスマートにできるようになった。
下ごしらえしたものも蓋があるのでラップは不要。
しかも大きさがそろっているので重ねられるし、収納も便利。
キャッセロールよりも軽い(笑)

もっと早くに買うべきだった。
これからは、どんどん使って挽回しよう。



ところで、最近思うこと。
このままでいいのか、と。
(また出た!この疑問)
上の子供たちは父親と暮らしたことがあるので、長期出張など行くと、小さいときは寂しがった。
公園などで父親と遊んでいる子を見るとうらやましがった。
しかし、ちびちゃんはそうではない。
一緒に暮らしたことがないので寂しいとかいう感情はない。
台湾に飛行機に乗って仕事に行き、終わらないのでずっと残業していると思っている。
向こうで暮らしているとは思っていない。
ずっと会社で仕事をしているのだ。
確かに、帰国するときは夜遅いし、出国するときは朝早い。
だから、台湾に飛行機で出勤していると思っても仕方がない。
しかもSkypeで話すだけなので、あの背景に映っている狭い部屋でずっとパソコンに向かって仕事していると思っている。

いつか、職場見学も兼ねて現地に遊びに行けたらいいと思う。
パスポートだって作っただけで、使わなければ意味がない。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-28 15:13 | 雑貨 | Trackback | Comments(5)

見て見て!

かっわい~い♪
赤、白、ピンクの三重丸!!
b0238426_12375743.jpg

マンションの中庭にて。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-27 12:36 | 植物 | Trackback | Comments(3)

子供たちを比較する

ちびちゃんも大きくなってきたので、データがそろってきた。
以下、4人の出生時と3歳時の身長と体重。

長女 3195g / 50.5cm 13.45kg / 96.5cm
長男 3370g / 52.0cm 15.8kg / 99.0cm
次男 3400g / 51.0cm 13.0kg / 91.0cm
三男 3140g / 50.0cm 13.8kg / 91.3cm
(注:三男は夫の帰国に合わせて、少し早めに生んだので小さめ。長男次男は三歳児健診を受けていないので データは微妙。特に長男は誕生日を8か月も過ぎてからの計測)

こうしてみると兄弟であまり差はない。
しかし、今は長男は平均より背が高く、次男は背が低い。
これはたぶん、幼児期にどれくらい歩いたかに関係していると思う。
長男は長女の幼稚園の送迎で毎日、幼稚園まで2往復していた。
幼稚園まではけっこう遠く(帰国したときにそこしか空きがなかった)、近所の子は自転車の後ろに乗せられての通園だった。
でも、雨の日も風の日も、引きずられながらも歩いて送迎に参加していた。

一方、次男はドバイで育ち、毎日40℃を超える暑い季節は外を歩くことはなく、幼稚園も小学校もスクールバスやマイカーだったので歩くことはほとんどなかった。

そして、兄弟で差が出たのは虫歯事情。
今は乳歯が生えそろうまでの幼児期の食生活が一生を左右すると言われている。
確かに、長女と長男はエジプトの田舎で育ち、加工した食べものはなく、肉・魚・野菜・米・パンしか食べていなかった(60日間保存できるロングライフ牛乳も飲んでたが)。
お菓子はほとんどなかった。
オーナーがラマダンスイーツ(断食月であるラマダンには近所にご馳走やお菓子をふるまったりする)を山のように差し入れてくれることはあったが、それは、涙目になりそうなくらい甘く、いただきものだから粗末にしてはいけない、と完食するまでは苦行のようだった。
だから、自分たちでスイーツ店に行くことはなかった。
(海外にいて、おせんべいなどのしょっぱい系のものが食べたくなるのはこういうとき)
歯ブラシもあまり売ってなかったので、歯磨きは適当。
それなのに彼らはいまだに虫歯はない。歯並びもいい。

ところが次男は虫歯だらけ。
最近、永久歯がそろってほぼ固定されたところで(自然な移動はもうないから)、歯並びを指摘され、相談することになった。
(いーっとやって前の歯並びは悪くない、と思っていたが、奥歯が内側に倒れ込んでいて、実は奥歯の上下がかみあわさっていなかった!珍味を食べると時間がかかるのはよーく味わっているからではなかったのだ!)
上の二人より、歯磨きは小さいころからしてたし、食事にも気を付けていた。
しかし、幼稚園や学校で毎日のように甘いものを食べさせられていた。
インターでは自分が誕生日には学校へケーキを持参し、みんなにふるまう。
あの、甘ったるいカップケーキにカラフルなホイップクリームがてんこ盛りになったアレである。
そして、遠足でもおやつの差し入れがあり、バザーでもケーキの山。
幼稚園でもおやつの時間はとっても甘いお菓子ばかりをたっぷりと。
50cmくらいあるツイストマシュマロ(白、ピンク、黄色の細長いマシュマロを棒状にねじってある)なんて、1本食べたら気持ち悪くなってしまう。
職員室にも常にスイーツがあった。
学校へ行くと、ドーナツをすすめられた。
そんなだから先生や保護者の体型はご想像の通りである。
小児科でも予防接種の後にごほうび、とローリーポップ。

同じ家庭で育った兄弟なのに環境がこんなに影響するとは思わなかった。

そこで、ちびちゃんにこれらのデータを生かしたい。
なるべく体を動かすようにしている。
スイミングと体操教室と公園遊びでばっちりだと思う。
(最近、ママ友からK塾に誘われたがもちろん断った。幼稚園受験するわけでもなし、勉強は必要ない、と)
ただし、食生活は難しい。
上の子供たちのお菓子ストックを荒らしてしまうのだ。
幼児のおやつは野菜スティックかおにぎりが望ましいでしょう・・・・・・・・。
難しい。
上の兄弟が食べていると必ずほしがる。
食後に歯磨きをきちんとすれば、何を食べてもいい、というわけではないのである。

乗り物の中でもどこでも、静かにさせるため、歩かせるため、ポンっと口の中にアメやグミやラムネを放り込む母親たち、公園遊びに必ずお菓子を持参してる母親たち、気をつけなはれや!(チャンの口調でどうぞ!)

Moreりんごさんへ
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-26 09:52 | 子供・育児 | Trackback | Comments(0)

リニューアル

ソーイングボックスが古くなったので、その目的でチョコレートを買ってしまった。
この大きさだと、リビングに置いておいて、ちょっと繕い物、というときに便利。
b0238426_13212154.jpg

今まで使ってたのはこれ。
かなり古い。
b0238426_13224232.jpg

b0238426_1329312.jpg


イースターのミニケーキの箱に入っていたペーパーでお花を作ってみた。
b0238426_13242947.jpg

これなら、残り少なくなってもごまかせる!?
b0238426_13245352.jpg

[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-25 13:18 | 雑貨 | Trackback | Comments(2)

最近の過ごし方

次男が振休のとき、あえておでかけはしない。
3歳児と6年生が一緒に楽しめる場所はなかなかない。
あるけど、前日の遠征試合で足首をくじいたのでなるべく安静に。
で、最近のパターンはお昼にラーメン屋を開拓すること。
いつも行列ができてるところに行ってみた。
サラリーマンの長い列ができるところで幼児連れがゆっくり食べているとたぶんそれはよくない。
だから11時半のガラガラ状態で入店。
ゆっくり食べることができた。
b0238426_952595.jpg

私は醤油で細麺。
次男は味噌で太麺。
大盛りは無料だったので、もちろん大盛りに。
おいしかった。
ちびちゃんはお子様チャーハンセットにしたが、チャーハンも本格的においしかった。
b0238426_955139.jpg

そしてトッピングの豊富なこと。
12種類あった。
揚げ玉ねぎ(フライドオニオンをパン粉のようにカリカリぱらぱらしたもの)がとてもおいしかった。
食べ終わるとお酢とおろしにんにくを入れてスープも楽しんだ。
ご自由にお使いください、の扇子があるのも風流でいい。

そしてスーパーでお買い物。
次男は6年生になっても母親とお買い物が好きだ。
恥ずかしいので今年限りにしよう。
ほしいものを聞くがいらない、と。
いつもは4人兄弟の中で遠慮がちで話術が苦手な次男が置いてきぼりになるが、二人で出かけると(もれなくちびちゃんは付いてきますが)とてもうれしそう。
そして、お母さんにお花買ってあげようか?と言う。
そりゃうれしいけど、10000円分もいらんわ。
気持ちだけで十分。
中学生になったら、こういうおでかけもなくなる。
寂しくはない。
だって、後が控えてるから。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-24 09:05 | Trackback | Comments(4)

復習、復習・・・・・

先日、事故現場に出会ってしまった。
少し前の方で、ドンッ!と悲鳴が同時に聞こえたのでそちらのほうを見ると、車の前方で荷物が宙を舞った。
映画やドラマで見るのと同じ、本当に荷物が宙高くとんだのだ。
(なぜがスローモーションの残像が記憶に残ってしまった)
近くへ行くと、すぐに数人集まって通報しているようだった。
ちびちゃんを託児に預けて出かけるところだったが、そのまま通り過ぎてはいけない、と思い、
思わず、「一応、看護師の資格もってます」と言ってしまった。
人だかりがさーっと離れて道を開けてくれた。
幸い、意識はしっかりしていて外傷もない。
自転車ごとボンネットに乗り上げたようで頭部と背部の打撲痛がある程度。
ただ、自分がひかれてしまった事実に動転していた。

こういうときって、やじ馬はてんでにいろんなことを言うのだな、と思った。
しゃべるな!動くな!って言いながらも、返事を求めるいろんな質問やらアドバイスやらしている。
励ましているのだろうが、肩をたたいたり、ゆすったり、眼底検査受けなさいよ~、血圧もみてもらいなさいよ~・・・・・・・・。うるさいうるさい・・・・・・。
被害者は同年代の女性だったので、まずはやじうまからシャットアウトするべく、日傘で覆い(炎天下の路上は熱いのだ)、貴重品をまとめ、肌が露出してる部分も覆い、そばにいた日傘を持ってる女性にもお願いして日陰を作ってもらった。
通報した男性が、状況説明していたが、症状についてはわからないので代わってもらった。
看護師です、というと救急隊員からは専門用語がポンポンと・・・・・・・・。
おお、この感覚は!
軽傷だったからいいものを、もっと複雑なケースだったら正しく簡潔に説明できただろうか・・・・・・。
現役じゃないから・・・・・・ブランクが20年近くあるから・・・・・・という言い訳はなしにして、やはり、名乗るからにはそれなりの責任がある。
資格をもってる以上、風化させずに、基本を復習して最新の知識をアップデートしておかなければ、と思った。

そして、家族も救急車も到着して引き渡すとこができた。
そして、彼女の荷物・・・・たくさんの冷凍食品やクリーニングに出してあった衣類などなど救急車と一緒に持って行ってもしょうがないものをどうするか、近所の女性が預かる方向で話が決まった。
緊急搬送でない限り(救急隊員も現場検証や情報収集があるので、緊急でない場合はなかなか救急車は出発しないのだ)、男性ならそんなことどうでもいいだろ、と言いそうだが、主婦の気になる点のフォローも大事である。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-23 08:11 | Trackback | Comments(4)

次はこれ

娘が友達の誕生日プレゼントにする、と作った。
ディズニーのチョコもトッピングして。
パウダーシュガー、かけすぎ。
ラッピングに苦労したのは言うまでもない。
b0238426_764789.jpg

[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-21 07:04 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

初めての

b0238426_7415389.jpg

イースターという季節でもなくなったが、やっぱり完璧なデコレーション。
すごくきれいだった。

ちびちゃんにとっては初めてのTDL。
お友達は毎月のように行ってるのに。
でも、待ち時間にぐずらずに待っていられるとか、ちゃんと意味が理解できて楽しめるのは3歳からだと思う。
前にも書いたが、電車で10分たらずで行けるのだ。
近すぎて行ってなかったというか、なんだか億劫だったのだ。
周りの人たちは年パス持ってるのがあたりまえなくらいなのに。
私にとっては10数年ぶり。
とうとう次男とは行かずじまい。
行ったことない歴、更新するからね!と意地になっている。

b0238426_7422945.jpg

こういうアトラクションは楽しい。
ちょっとした旅行気分。
トゥーンタウンは子供向けでいかにも夢の国なのだけれど、ディズニーキャラクターをあまり知らないちびちゃんはいまいち。
リアルな蒸気船や機関車の方を好んだ。

10数年前と変わったところと言えば、入場したら乗り放題、というか、いちいちチケットを見せなくてもよくなっていた。入場券だってeチケットをプリントアウトしていけばいいし、便利になった。
あと、乗り物の緊急停止が多くなったような・・・・・。
安全基準がきびしくなったのかもしれないが、言うことを聞かない人が多くなったような気がする。
外国人も含め、何度も言われてもやってしまうのは、もう言葉の問題ではなく、国民性なんじゃないかと思う。
子供のシートベルトをしたり、バーが下りたら、もうそこから出して抱き上げることはできない、というのは常識だと思っていたが。
確かに鈴なりバスやてんこもり列車から比べれば安全だけれど。
万が一のことがあってはならないので、係の人は辛抱強くわかりやすく説明する。
しかも満面の笑顔で。
大変な仕事だと思った。

まだ6月ということもあって、新人デビューの時期だ。
あちこちで(ついつい目が行ってしまうのだが)、先輩が新人にアドバイスや注意をしているところをみかけた。
そこには笑顔はなく、真剣な指導があった。
満面の笑顔の裏側にある苦労なんかも垣間見てしまった感じがする。

b0238426_7424318.jpg

相変わらず、高い。
でも、チュロスはとってもおいしかった。
半分、持って帰ったが、家に帰ってもサクサク。

b0238426_743961.jpg

トミカ(タカラトミー)とディズニーのコラボなので、お値段も最強!(笑)
でも、はちみつのミキサー車、というアイデアに脱帽。

b0238426_7434123.jpg

娘のポップコーンバッグもリフィルしたし、おみやげもたくさん買って終了。
9時半に家を出て、15時に帰宅。
パレードも見て、アトラクションは5つ乗って満足。
お昼寝しないでがんばったちびちゃんは、その後も興奮して寝なかったので、今朝は全く起きる気配なし。

幼児を連れていると、みんなが手を振ってくれる。
とても気持ちがいい。
またいつか行こう。
4歳になって料金が発生する前に。
[PR]

by jasmine-boo | 2014-06-20 07:40 | お出かけ | Trackback | Comments(2)