<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バナナ!

ほしいと思ってたが、バナナがちゃんと入るのかどうか、疑問に思っていたので、今まで買わなかった。
とうとう買ってみた。
ジャストフィット。
おそらくバナナの長さや太さ、曲がり具合など、平均をとったのだろう。
b0238426_16434147.jpg



完熟バナナが三本あったので、ダッチオーブンでバナナケーキ。
ななかなかボリュームのあるおやつだった。
b0238426_140163.jpg

[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-30 13:51 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

チョー気持ちいい!

これのお蔭で、私は今日一日、幸せに過ごすことができるだろう。

数学のことである。
また育児と受験生のお世話との両立をしなければいけない時期がやってきた。
長男も姉と同じく塾に行ってない。

昨夜、数学の問題を解いていたがだめだった。
恥を忍んで夫にメール。
まだ残業中のようで投げられた。
寝る前にもう一度、頭の中で整理。
睡眠中にいいアイデアが浮かぶように。

今朝は早目に目が覚めた。
コーヒーを入れながらもう一度考える。
昨夜から温めていたやり方はだめだった。
朝食の用意をして、ちびちゃんの身支度を手伝い、食事のお世話もして、洗濯物を干しながらも考え続けた。
育児と家事が一段落して、再挑戦。
なんだかうまくいきそう。
予想していた答えが近づくにつれ、鉛筆の動きが加速される。

やった~解けた!
長男の部屋にダッシュして解説。
これでしばらくは尊敬してもらえそうだ。

解けた瞬間って、脳内の快楽物質ドーパミンがぱぁぁ~っと放出されて、とても気持ちがいい。
だから、数学って好き。
美容にもいいのかもしれない。
その後の化粧のノリがいいような気がする。

しかし、難問が解けたといっても一晩寝かせて、更に時間かけたんじゃ…。
本来は15分で解かなければいけないのに。

受験生の母、闘いは始まったばかりである。
[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-28 10:35 | Trackback | Comments(2)

少しは上達?!

やっぱり栗が出てきたら、作らなければいけない。
渋皮煮。
今年はコツがわかり、失敗して栗ご飯行きになったのは1割程度。
鬼皮がかぱーっと剥けたときはうれしかったし、渋皮をポロポロと垢擦りのように取るのも楽しかった。
b0238426_952366.jpg

[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-26 09:48 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

ムキになる

なんにも予定のない休日。
ちびちゃんとボート(足で漕ぐペダルボート)に乗りにでかけた。
30分100円というリーズナブルなレジャーである。
待合所には幼児を連れた親子が数組。
みんなお父さんと一緒だ。
ちびちゃんは無言でじっと見ていた。
(休日の公園や近場はほとんどがお父さんと幼児の組み合わせだ)

お父さんがいなくたって大丈夫さ。
前半の15分で行けるところまでガーッと漕ぐ。
ここは川を利用して作った場所なので直線距離が長い。
いくつもの橋の下を通る。
「はやい、はやい!」とちびちゃん。
ふと後ろを振り向くと誰もついてきていない。
後半の15分で大汗かいて戻ると、なーんだ、みんな乗り場近くの広いスペースで周遊していたのだった。
ボートに乗って浮かんでいれば、それでいいのか?
速くなくていいのか?
デートじゃないんだぞ!
子守りに疲れ気味のお父さんたち。

久々に張り切ったので、脚がくたくたに。
そして、キコキコ自転車をこぎながら帰ってきた。
(画像がないのは、ムキになって漕いでいたからではなく、チャージがなくなってカメラが使えなかったから)

<おまけ>
夏の終わりのゴーヤー。
ひとつは青いうちに食べた。
もうひとつはそのままに。
今度は落ないで種だけが落ちた。
鮮やかな色がきれい。
b0238426_16102742.jpg

b0238426_16103984.jpg

[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-22 16:07 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

ロケーション悪し

b0238426_1611459.jpg

この季節、我が家のバルコニーからは位置的に月を見ることができない。
8時頃にやっと玄関ポーチから見えた。

中秋の名月、台湾では中秋節といって祝日で、お供え物を派手に贈り合うのだそう。
一方、お近くの韓国ではお月見の習慣はないらしい。
同じアジアでも違うな、と。
(韓国人のママ友から聞いた)

b0238426_1652683.jpg

スーパーで見かけて、小瓶のデザインが気に入ったので、反射的にかごに入れてしまった。
(お月見するなら日本酒でしょ)
ちびちゃんと一緒だと、あちこちいなくなってしまうので、ゆっくり吟味している暇はない。
で、失敗した。
スパークリング清酒って…しかも5%…。
いつかサンプルでもらった炭酸豆乳のような、二度と飲みたくない感想だった。
ちゃんと見て買わない私がわるいのだけれど。
[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-20 15:59 | イベント | Trackback | Comments(2)

空のお掃除

台風が通りすぎたあとは、空には何もなくてとてもきれい。
(翌日からは残念なことに、空は雲ひとつない晴天なのに地上に近づくほど排気ガスでグレーになり、遠景はみえなくなってしまった。東京の空気、どんだけ汚いんだか)
昨日の夕陽は今までにないくらいに美しかったし、夜空もとてもきれいだった。
熱帯夜じゃない夜はとても快適だったし、今朝は熟睡した子供たちが、なかなか起きてこなかった。
b0238426_756592.jpg

たくさんの被害に遭われた方へ お見舞い申し上げます。
[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-17 07:48 | Trackback | Comments(0)

臨場感!!

やっぱり、みんなで心を一つにしてカウントダウンするのって感動する。
b0238426_2072316.jpg

科学未来館のパブリックビューイングでイプシロンの打ち上げを見てきた。
早く着きすぎたので常設展示を見ながら余裕をかましていたら、気づいたときにはこんなに後の場所しか残っていなかった。
ボイジャー1号も太陽圏外に出たらしいし、これからの宇宙関係、楽しくなりそう。
[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-15 20:05 | Trackback | Comments(0)

夏がなかなか終わらないものだから。

終わったと思ったら、また実ができた。
今度こそ収穫を楽しもうと思う。
しかし、日中の30℃超えはどうにかしてほしい。
都会のコンクリートジャングルは夜になっても気温が下がらないから。
まだまだ汗だくでビールを美味しく飲めるってことか。
b0238426_9425184.jpg

b0238426_943233.jpg


《おまけ》
b0238426_9493769.jpg

春に引っ越したときに、新居祝いとしてママ友たちからいただいた紫陽花。
花が終わったら鉢の植え替えをしたいのに…。
[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-14 09:37 | 植物 | Trackback | Comments(4)

素敵な一日

日曜日は私の44歳の誕生日だった。
夫からの朝一のメールにはおめでとうと共に、「四捨五入したらまだ大丈夫だね?!」「ケーキは何ケーキ?作るの?」と。
なんで自分のケーキを自分で買ってきたり、作らなければいけないのか?四捨五入したらって・・・・・。
激怒メールを返信しておいた。
(後日届いたカードにもケーキらしきイラストに「アラフォー」と書いたのぼりが立っていた。。。)

気を取り直して、この日はみんないたので、ちびちゃんのお昼寝に合わせて見ててもらい、次男と映画へ。
b0238426_1454593.png

今までのは、またはじめからやりなおせばいいさ、と再出発だったり。
あるいは大成功だったり。
子供を励ましたり夢や希望を与えるものだった。
ところがこれは、(理不尽で矛盾の多い世界で)もうやれるだけのことは一生懸命やったよね、もういいよね、うん、もういいよ。でも生きねば。
大人向けだからなのかもしれない。
でも、隠居状態になるには若すぎるのではないか、と思ったが、若くして散ったたくさんの命から見れば若すぎることもないのかもしれない。
歴史年表に出てくる単語が次々出てきても解説なんかないので、やはり小学生には難しかったみたいだ。
いつか勉強したときに、あれか、と思い出してほしいと思った。

この日の夜に監督引退宣言のテロップがながれて・・・・・・。
最後の作品だったということで納得したのだった。

ふと祖母が生きていたら、観せてあげたかったと思った。
新聞についていた映画付録の年表で計算すると多分、ヒロインの菜穂子と同じくらいだから。
祖母は菜穂子のように洋服を着たり外国語を話したりはしなかった。
学生の時は袴で、その後はずっと着物で、正装するときは日本髪(若い頃は桃割れだって!)を結っていた。
(コンサバだけど、形見のオパールの指輪のデザインがアールデコのようなすごくモダンなものだったから、もしかしたら洋装も楽しんでのだろうか・・・・・)
東京の下宿先で早稲田の学生と楽しかった話をしてくれたこともあった。
もしかしたらロマンスがあったのかもしれない。
そして結核にはならなかったが、肋膜炎(本人が言ってた)や交通事故や婦人病で生死をさまよったり、お見合いしてお寺に嫁いだが、子供の産めない体とわかり、離縁を申し渡されるも、祖父と北海道に移住して開拓者のようなことやって、お寺を開基し、軌道に乗ったところで祖父が亡くなり未亡人に。女手一つでお寺を守り、養子を育て・・・・・。
北海道と本州を行き来するのだって大変だったろうに。
ましてや戦争や天災や貧困も並行してたのに。
昔の人ってすごく大変だったんだろうな、と想像するしかないけど、もっといろんな話を聞いておけばよかった。
体が弱かったっていっても、すごいパワーだ。
晩年になっても祖父の写真を(若い青年で住職さんの姿なのだ)ずっと大事にして、からかうと赤面してたっけ。

さてさて、映画の後は、次男が花屋で誕生日プレゼント、とピンクのバラを買ってくれた。

家へ帰ると洗濯物は取り込んで、畳まれ、各部屋に届けてあった。
しかもいつもならチビちゃんのオモチャで散らかってるリビングがきれいになっていた。
すばらしい。
それから退屈そうなチビちゃんと散歩へでかけた。

家へ帰ると、娘が酢飯の作り方~厚焼き玉子の作り方~を見てて欲しい、と。
長男は日曜日の殺人的に混雑してるスーパーで買い出しをしてきて、お刺身のサクを切り始めた。
次男だって、飲み物の準備をしている。
b0238426_1442684.jpg
b0238426_1442379.jpg
b0238426_1443057.jpg
b0238426_14431834.jpg

ずいぶんと盛り沢山な誕生会だった。
(キッチンの後片付け込・・・・皿洗い係:次男)
フラワーアレンジメントは長男の友達のお母さんが働いてるお店で特別にあしらってもらったらしい。
ケーキは娘が予約して、フルーツタルトはなんと14種類のフルーツが。
数字をあえて入れないのは長男のアイデア。

遠いところにいる夫が不憫でならない。
いつか家族全員揃いますように。
[PR]

by jasmine-boo | 2013-09-03 14:49 | イベント | Trackback | Comments(9)