<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

おいしかった。

かなり前のことになるが、パン屋さんの前を通りかかると「嵐にしやがれ」で紹介されたというパンが売られていた。
以前から、これおいしいな、と思っていたところ。
b0238426_14591034.jpg

ちょうど600円につきスタンプ1個で、3個集めるともう一個プレゼントというのをやっていた。
子供たちとお昼ご飯に、と買うとたいてい2000円以上はかかる。
で、あっという間にスタンプがいっぱいに。
次回、もう一個もらえる♪

b0238426_14592130.jpg

そんな怖い顔しなくても・・・・・実はお姉ちゃんがそばで狙っていた。
(ハーフサイズをわたしてしまったので、ずるい!と)
兄弟が多いと割り算は得意になるし、取り合いも上手くなる。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-29 15:05 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

気分転換♪

最近、よく歩くようにしている。
実は断乳してから中年太りが顕著になったから。
体脂肪率一ケタの夫のアドバイスはシビアだ。
ちびっこ連れた主婦の生活では脂肪はとれない、と。
筋トレやストレッチしたくらいでは意味がない、と。
腹筋だって何百回もやらないと効果はないだろう、と。
水泳やジョギングなどの有酸素運動ができないのであれば、とりあえずたくさん歩くこと。

ベビーカー押しながらなので、限界はあるが、荷物をたくさん積んだときなんかは上り坂(運河がいっぱいあるので、橋のアップダウンが多い)はダッシュしている。
荷物が多いと、だいたい重さは20キロくらいある。

で、外ばかりも日焼けするので、ショッピングモールの中をぐるぐる・・・・・・。
するといろいろと見つけてしまうのだ(買わなくてもいいものを、とは言わないでほしい)。

閉店セールだったので、
b0238426_14511734.jpg

色もサイズもバリエーションが豊富。
(グリーン系は売り切れ。カフェオレ色やコーヒー色など、黒、茶、白の色展開が特徴的)
ちびちゃんのはエスプレッソ用らしいが、小さな手にぴったりのサイズだ。
小花を活けるのにもいいかも。
定価では買わないけど。。。。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-27 15:01 | 雑貨 | Trackback | Comments(6)

ずっといっしょ、の続き

b0238426_16132049.jpg

こんな天気のいい日は、洗濯をいっぱいしながら、早起きちびちゃんにごはんを食べさせ、ひっくり返されたものを片付け、同時にお弁当を作り、次々と子供たちに朝食を食べさせ、学校へ送り出す。

b0238426_16142099.jpg

裸足で脱走する(靴をはかせても脱ぐ)ちびちゃんの足の裏も洗って、キッチンを片付け、お風呂を掃除して、おでかけ!

b0238426_16145833.jpg

近くの公園に寄ってから、最寄りの児童館へ行って、
b0238426_16154349.jpg

なかなかおしゃれな柄のおもちゃもあるな、と感心して、

b0238426_16164225.png

近くの公園でまた遊ぶ。
公園デビューという言葉があり、育児雑誌の特集で組まれたりするが、別に気合い入れていくほどのことではない。
手ぶらで行っても、ちびちゃんが勝手にほかの子のおもちゃをいじり出すので、「いい?ってきいてからだよ~、ごめんね、ちょっと貸してもらってもいい?」って言えば、たいていは貸してくれる。
いろんな公園をはしごすると、それぞれの地域の特徴はあるが、あいさつはきちんとするし、みんな感じはいい。
それに炎天下の公園遊びに付き合ってる母親に悪い人はいない(時々、マナーが???の人もいるが)。
お互いの子供の月齢を言い合い、適当に話をすればいいだけのこと。
どうせ子供はすぐに次の場所へ行ってしまうので、話し込んだりはできない。
ま、子供そっちのけで話し込んでいるグループには無理に入ることもないし。

b0238426_16241740.jpg

歩く速さがハトと同じくらいなので、ずっと追いかけっこしている。
ハトの方も絶対につかまらないとわかっているので、飛び立ったりはしない。

b0238426_16255788.jpg

そして帰宅して、お昼ご飯食べて、家で遊んでから、また公園遊びに行き、

b0238426_1627944.jpg

晩御飯。食後にやっと疲れてお昼寝というか夜寝。
無理やり起こしてお風呂。

ちびちゃんと気楽な一日に見えるが、24時間、トイレもお風呂も寝るのも一緒である。
その他、3人の子供たちの学校の用事だの、食べ盛りのスタミナ食作りだの、それのための大量買出しなどなど・・・・。それに勉強までみたらいっぱいいっぱいである。
そして毎日数回、夫からひとりごとのような近況報告メールが届く。
安否確認にはいいが、いちいち返信してられん。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-26 16:31 | 子供・育児 | Trackback | Comments(2)

ずっといっしょ

ちびちゃんから目が離せなくなり、更新が難しくなりました。
今も妨害されたので、しばしお待ちください。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-23 11:23 | 子供・育児 | Trackback | Comments(2)

おいしい♪

b0238426_16183623.jpg

お気に入りのスコーン、これは紅茶、他にプレーンとメープルがある。
ちょっと高いので、50円引きクーポンのあるときに。


最近、ちょっと考えることがあった。
いや、すごく考えた。
祖母の七回忌と祖父の五十回忌の合同の法事。
結局、行かなかった。

母は無理して来なくてもいいからね、小さい子連れてるんだし、と。
これは、大変だろうけど、来て欲しいな・・・・・という意味で受け取っていた。
でも、平日(祥月命日じゃなければいけないので)だし、日帰りとなると午後からの法事はきついな、くらいに思っていた。
しかし、無理しなくていいからね、と念を押されると、つまり、来ないで欲しいということなのだ。

普通の法事ではないから。
祖父は開基住職だった。
だからいろんなお寺の住職12人ほどを招待し、それなりの肩書きを持った方々を招待し、多少、寺社のリフォームもし、とにかく大変なのだ。
嫁いでしまったとはいえ、本来なら、私も着物をきて住職さんたちのお接待をしに手伝いに行かなければいけない。
ところが、小さい子を連れている。
もともとお寺の世界は男尊女卑というか、女子供は引っ込んでいろ、なのだ。
だから、もし、法要の途中でちびちゃんがぐずったり、脱走したり、それを追って私が立ったり座ったり、というのはあってはならない。
ほほえましく見守ってはくれない。向こうへ行ってろ、なのだ。
私もものごごろついた時から、このへんは厳しくしつけられていた。

でも、孫の私が欠席というのも世間体としてはよくないので、ご仏前だの名前付きのフルーツ盛りだのと注文はあった。

きっと祖母は怒っているに違いない。
だから、ほぼ同時刻に私も自宅でお経をあげた。
海外に行くときに持っていけ、と父からもらった紙製ポータブルご本尊?!に向かって。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-19 16:04 | 食べ物 | Trackback | Comments(4)

音楽鑑賞♪

ママ友のお誘いで、0才からのジャズコンサートというのに行ってきた。
ニューヨーク在住のピアニスト、クニ三上さんのトークも楽しかった。
子供向けのおなじみの曲でもジャズだとカッコいい。
画像では見えないが、ドラムスの横にぶら下がっている楽器はアフリカのもので、貝殻かと思ったら、なんとアルパカの爪だった!
b0238426_14535651.jpg

コンサートが始まる前に主催者から注意があった。
でも、受け取り方は保護者によって温度差はあるものだ。
ちょろちょろしても放っておくので、奏者の方が気を回したり(慣れているので、ユーモアを交えて注意)・・・・でも、親はすみませ~ん!って感じでもない。
そして、終わったあと、奏者が楽器を自由に触ってもいいですよ、と言ってくれたのならまだしも、退出したあとに、たくさんの子供たちがピアノとヴィブラホンとドラムスに群がった。
想像通りの乱打。
もちろん少しくらい見せてもらったり、触らせてもらったりするのはいいと思う。
せめて楽器は大切に扱うものだからね、と親が一言いっておくか、一緒に見るべきだと思う。
しかし、だれも大人はそばにいなかった。
たくさんの子供たちですごいことになっていた。
私とママ友はもちろん行かなかったが・・・・・。
1歳児でさえ、「これはだいじだいじだからね」といえば、親の顔色を伺いながらそーっといじったりできるのだ。
ましてや2~4歳児ならもっと理解できるだろうに。
言ってもだめなら遠ざけるしかないのだ。
自分の大事なものをいじられるのは嫌でも人の物はどうでもいいのかもしれない。


そのあと、お弁当を買ってスカイツリーの見える公園へ行った。
b0238426_1454978.jpg

みんな歩けるようになっていたので、見てても楽しかった。
子犬がちびちゃんに飛びかかり、押し倒して顔をべろんべろんに舐める、ということがあったが、泣かず。
そして、次に来た時には足を踏ん張って転ばないようにして、子犬に反撃。
きゃいん!と言わせて満足そうだった。
b0238426_14544558.jpg

[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-16 15:11 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

思い出の品

エジプト時代の話にもどるが、実はロイヤルコペンハーゲンというブランドを知らなかった。
コペンハーゲンに行くときに、なんか聞いたことあるよね~って調べると、食器のことだと知った。
どうせなら工場見学に行ってみよう、ということになった。
行ってみてびっくり。
白&ブルーの食器がいっぱいだった。
しかも絵師の方々の緻密な作業!
手書きで一つ一つ仕上げるから高いのか・・・・と納得。
しかも、ちょっとでもしくじると、すぐに捨てる。
そして、完成後も入念なチェックがある。

b0238426_8445326.jpg

素人には全くわからないB級品。
工場となりの直売店でたくさん売られていた。
安いので子供にいいかな、と。
一つ一つのくまさんの絵が違うのだ。
カップは120ml用の小ぶりなので、子供にはちょうどいい。
b0238426_845335.jpg

こんなところにも丁寧な絵が。
b0238426_847359.jpg

B級品か見分けるには、おなじみの波のマークに縦にキズがつけられているかどうか。
それ以外はなぜ、これがだめなのかわからないのだった。
子供に使わせたらすぐに壊されると思っていたが、未だに健在。
今は、ちびちゃんが毎日使っている。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-13 08:45 | 雑貨 | Trackback | Comments(5)

ちょっと買い足し

髪が伸びてきたので(美容院行きたいんだけど、だれかちびちゃん見ててくれないだろうか・・・)、まとめるのに久しぶりにヘアアクセを買ってみた。
流行もあるみたいで、一昔前のとは違う。
b0238426_1573470.jpg


そういえばテレビで「ファストファッションの高速回転化」というのをやっていた。
最近、どこのモールにも入っている、おしゃれだけどお手頃価格なブランドの服は数回着れば元はとれるので、飽きたらフリマで売ってしまうのだという。
平均3.6回着たらおしまいだそう。
50回、100回の洗濯にも耐えられます、という耐久性のある衣類を買う人とは対極だ。
私はどちらかというと流行遅れになってもとっておく方。
でも、思い切って10年以上前のものは処分した。
(もちろんフォーマルや和服以外という意味)

ところで、最近気になる擬音語。
おさいふケータイもそうだけど、Edyなどのマネーカードをタッチした時のあの音、どう聞こえますか?
私にはシャキーンなのだけれど、リーフレットや表示を見ると、お店やカードによって違うのだ。
シャリーン
ピュリーン
だそう。他にも種類があるか探しているところ。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-12 15:20 | 雑貨 | Trackback | Comments(2)

ちょっとだけタイムトリップ~4

中東に住んでいたことがあるという、先輩から話を聞く機会があった。
その方が育児していた頃はもっと大変で、ミネラルウォーターはしばらくするとペットボトルの中に藻が出現したのだという。でも、水道水は飲めないので、その緑色の水をコーヒーフィルターで濾過して、煮沸してから赤ちゃんのミルクを作っていたのだという。
すごい話だった。
私だって、真水をブリーチで消毒してから飲む方法とか事前に調べていたけど、実際にはそうならなくてほっとした。
それと当時、西ナイル熱の感染ががスーダン国境まで来ているという情報があったので、とにかく、蚊には気をつけた。
でも、網戸は破れていたし、蚊帳はもちろんないので、寝る前には虫除けスプレーを全身に噴霧してから寝た。同時にノミや南京虫もガードできたし。室内なのにキャンプのような生活・・・・・・・子供にとって虫除けスプレーは有害なんじゃないか・・・・とは言ってられなかった。
その時に見た日本製蚊取り線香のアフリカ版にすごく感動した。
後に日本の蚊取り線香がアフリカの子供たちを感染症から救った、というのをテレビで見てなるほど、と思った。

でも、田舎街とカイロではずいぶんと違っていた。
この街並みは10年後のものだが、たぶん当時とあまり変わってないと思われる。
娘がアメリカ生まれなのでパスポートの更新などに行ってたが、当時、アメリカ大使館の入っている高層ビルにはヘリポートがあったくらいだ。
b0238426_7123725.jpg

カイロ日本人会というのがあって、ときどき親睦のスポーツ大会や夏祭りに参加していた。
そこでは「ご主人はどこにお勤め?」から始まる自己紹介だった。
ドバイにもいた、いわゆる日本人駐在員マダムたちである。
5ツ星ホテルでお茶したり、メイドつきの優雅な生活をしていたのだろう。
同じエジプトに住んでいながら、この生活レベルの違いはなんなのだろう・・・と愕然としたものだ。

しかし、私たちにもお楽しみはあった。
旅行。
しばしイスラム圏から脱出して、西洋文化に浸るのである。
もちろん単なる旅行ではなく、子供たちの衣類や日用品、衛生用品(ナプキンとか!)の買出しも目的だった。
地中海を渡れば、そこはヨーロッパ。
こんなすばらしい地理的条件を十分に利用して楽しんだ。
b0238426_8131333.jpg

デンマークのコペンハーゲンに行ったり、

b0238426_8133591.png

スウェーデンのストックホルムに行ったり、

b0238426_7592533.jpg

おなじみパリに行ったり、他にもギリシャ、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、イギリス、イタリア、ドイツに行ったりした。
もちろん、子連れの旅行なので苦労はあった。
睨まれたり、舌打ちされたり・・・・・でも、きちんと注意してくれる人もいた。
注意したあとでウインクして去っていく。
後にひかない注意の仕方・・・・いいな、と思った。
こうして子連れ旅行のマナーは実践で学んだのである。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-09 07:23 | 思い出 | Trackback | Comments(9)

ちょっとだけタイムトリップ~3

ネタ切れなので、回想もので引っ張ります。
b0238426_1134269.jpg

買い物は毎週、青空市場に行った。
これはマンゴー。
エジプトはマンゴーの産地なので、とってもおいしい。
b0238426_11352185.jpg

一週間分の買出しなので、すごい量だった。
ショッピングカートなんかもちろんないから、ショルダーバッグに詰め、なんども車まで往復した。
車の運転は許可されていなかったので(会社の規則)、いつもドライバーに来てもらっていた。
もちろん、みんなのドライバーなので、時間は限られた。
b0238426_11354213.jpg

小さなスーパーもあったが、贅沢言ってるどころではなかった。
子供たちは2ヶ月室温保存できるロングライフ牛乳を飲んでたし、イスラム圏なので、ハムやソーセージはチキンかターキーかビーフだった。
添加物がたくさん入っていても、とにかく賞味期限だけ見て買った。
時々、カイロまで買出しに行くこともあったが、カイロまでは200km。
時速100kmでとばしても2時間かかる。
(ドライバーの運転は非常に危険だったので、乗りたくなかった。一度、居眠り運転で中央分離帯に乗り上げて木を倒したことがあった。そして、いろんなお祈り所でお祈りをするのはいいことなので、とにかく、お祈りをしている間、私たちは待たされた)
そのうち、近所にあるものだけで生活するようになった。
紙オムツも貴重だったので、旅行の時だけ使った。
普段は日本から持っていった布オムツ。
二人分洗っていた時期は大変だった。

これら3枚の画像は夫が10年後に訪れたときの画像。
ほとんど変わっていなかったらしい。
このたまねぎは1kgで1.25ポンド(約40円)。
10年前は1ポンドとか0.75ポンドだったと思う。

b0238426_113855100.png

ガラベイヤというドレスを買ってみた。
現地の女性たちはこれの上に黒いアバヤを着ていた。
涼しいけど、やっぱり実用的ではないので、タンスの肥やしとなった。
ヒジャブという、頭にかぶるスカーフも買ったが、どうも似合わないのでやめた。
現地の服装をして外を歩けば、また、人々の反応は変わったかもしれない。
でも、そのときはそんな現地の生活を楽しむ余裕はなかった。
ピラミッドを見てもスフィンクスを見ても、どうやって子供たちを守りながら生活するかと考えるのでいっぱいで感動はしなかったのである。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-07 11:36 | 思い出 | Trackback | Comments(6)