カテゴリ:植物( 48 )

小さな会話

「あら、はじめまして!」
「あなたが蕾の時から、ずっと待ってたのよ」
という会話が聞こえそう。
ベリーピンクの方が1週間前から待ってました。
b0238426_09554518.jpg
b0238426_10063529.jpg

ちっちゃなビオラの苗(小さなポットに苗が4株も入っているお徳用、蕾ができるまで時間がかかる)の時から私も待ってました。

b0238426_09572323.jpg
こちらは八重。
中心がうっすらブルー。

マンションに定期的に来て指導してくださるガーデニングの先生によると、花の直径が2.5cm以上かどうかでビオラとパンジーは区別されるのだという。

昨夜、次男の数学に付き合い、ちょっと頭の疲労感が。。。今朝、大学生の長男からlineで届いた模範解答を見て納得。
主婦が普段使うことのない脳細胞をフル稼働させると頭の血流が増えるのがわかる。
お肌を血行よく栄養が行き渡るようにするためにも頭は使わなくちゃね。

[PR]

by jasmine-boo | 2017-11-18 09:50 | 植物 | Trackback | Comments(2)

目立つ

雨上がりの朝もやの中で、ハッと目を引く赤。
b0238426_09400356.jpg

熟れたゴーヤの種が夜のうちにぽとぽとと。
b0238426_09410103.jpg

もしかして、種がこんなに目立つのって、鳥さんに食べてもらって運んでもらうため?
この表面のヌメヌメしたもの、ほんのり甘いし飲み込みやすそうだし。
でも、野生のゴーヤをあちこちで見かけたことはない。

[PR]

by jasmine-boo | 2017-10-03 09:39 | 植物 | Trackback | Comments(2)

解決!

先日のアサガオの話。
こんなピンクが…
b0238426_21515598.jpg

こんな青色に…
b0238426_21522577.jpg

色々調べてもわからず、行き着いたところが、日本植物生理学学会の一般向けのQ&Aのコーナー。

匿名で質問できるのだけど、丁寧にサイエンスアドバイザーの方からフルネームでお返事が。
しかも、基礎生物学研究所でアサガオの花色の分子遺伝学を研究されてる先生(この方もフルネームで)にまで転送され…。

とても丁寧に教えて下さったのです。
別の種類だと。
ピンク色のは普通のアサガオ。
薄青色のはソライロアサガオ(西洋アサガオ)のヘブンリーブルーという品種だそう。
これは遅咲きで今が見頃で、朝から夕方まで咲いていて、長いものはピンク色に変化しながら翌朝まで咲いてるのが特徴。

そういえば、数年前に青色のアサガオの種を買ってきてもらったことがあって、採れた種をそのまましまいこんでいた。
で、今回、ピンク色のを買ってきて蒔いた隅っこに残ってたのを古いけどどうかな〜って植えたのを忘れていたのだ。
まさか、こんなに元気に育つとは思わなかった(ほんの数粒だったし)ので、開花時期が違う別の種類を同じ株が変化したのだと思いこんでいたのだった。
それに青いのでも萎みかけはピンク色になったりしたので、なおさら同じ株だと思っていた。
(これについては細胞のpHが下がって赤くなっていくから)

恥ずかしい。。。。

でも、スッキリした!

(コメントを下さったmayumiさん、正解です!)


[PR]

by jasmine-boo | 2017-09-25 21:50 | 植物 | Trackback | Comments(4)

ぐるぐる

シナモンロールのようにぐるぐる。
b0238426_09462349.jpg

先端恐怖症の人は苦手かもしれない。
b0238426_09463679.jpg

画像がないけど、今朝は末っ子が幼稚園にどんぐりを持って行きたいというので、早目に家を出た。
紙袋にたくさんとれた、朝摘みどんぐり(摘んでなくて拾ったんだけど)。

[PR]

by jasmine-boo | 2017-09-21 09:45 | 植物 | Trackback | Comments(0)

なぜ?

秋らしくなって、朝顔がピークの花盛り。
b0238426_07501057.jpg

ところが、ちょっと不思議なことが。。。
数週間前から、燭台のような芽が出てきてたのだけど、なんと違う色の花が咲いた。
しかも、すごく大きい。
がくの形もつき方も違う。
b0238426_07532041.jpg

なぜこうなるのか、わかる方いらっしゃいましたら、教えて下さい。
何度も朝顔を育てたことはありますが、これは初めてです。

おまけ
b0238426_08053463.jpg

b0238426_08053613.jpg
風船葛とオクラでした。
(オクラはスジスジで硬くて食べられないので観賞用)

[PR]

by jasmine-boo | 2017-09-16 07:49 | 植物 | Trackback | Comments(2)

秋も元気

ゴーヤ、涼しくなってからの方が元気。
花も夏より大きく4cmくらい。
b0238426_13115898.jpg
上が雄花で下が雌花。
雌花の方が蜂さんが好きそうな豪華な感じ。
グリーンカーテンもここまでしげると雨の日は部屋が暗くなる。
b0238426_13134038.jpg

b0238426_13134210.jpg
挿し木した植物もプランターが見えないくらい元気。

[PR]

by jasmine-boo | 2017-09-12 13:10 | 植物 | Trackback | Comments(0)

クルクルしてる

トルコキキョウ、完全に開花したものより、蕾から少し開いた感じが好き。
花言葉は「すがすがしい美しさ」「優美」「希望」
b0238426_09445849.png
同じ向きにクルクルしてる。
この向きって地球の自転と関係しているのだろうか。

ゴーヤのツルもクルクルしててかわいい。
朝顔のツルも捕まるものがないと、お互いにネジネシしてる。
b0238426_09470928.png


[PR]

by jasmine-boo | 2017-09-06 09:43 | 植物 | Trackback | Comments(2)

愛情を注ぐ

ガーデニングの先輩たちと水遣りしながら教わることは多い。
子育てが終わってペットを飼い始める人も多いが、こちらは植物に愛情を注いでいる人たち。
自分のベランダでもないのに、ただマンションのボランティアなのに…と考えてしまった私がバカだった。
植物が大好きなのだ。
眼差しが違う。
触れ方が違う。
陽が当たるように、風通しがよくなるように、窮屈でないように、一番きれいに見えるようにお世話している。
愛情オーラが見えるよう。

これで良しっと!
スッピンで紫外線対策しっかりしてるのだけど、みんなきれいに見える。

b0238426_11303411.jpg

アナベルをもらってきた。
ラベンダーも挿し木できるからねー!
葉からいい香り。
ローリエもはいっ!
ローリエ使うレパートリー増やさなきゃ。

b0238426_11303566.jpg

干しておいてねーと言われたので、とりあえず窓際に。
[PR]

by jasmine-boo | 2017-07-29 11:19 | 植物 | Trackback | Comments(2)

暑かったけど色々学んだ

昨日はガーデニングボランティアの方々と先生に教わりながら、剪定について学んだ。
長くやってる方々は、これくらいいいわよね〜と簡単にチョッキン。
初心者はどこをどう切っていいのか悩む。
挿し木できるから持っていったら?とコリウスその他をもらってきた。
b0238426_07130465.jpg

花じゃなくてもきれい。

そして長い屋外での作業が終わると、室内で涼みながら、ラベンダーサシェの作成。
たくさんのラベンダーに室内丸ごと癒し空間。
b0238426_07130529.jpg

秋柄なのは、秋のお祭りに出店するかどうか試作過程なので。
これ、すごく簡単だった。
ラベンダーを茶葉袋に入れる。
ワイヤーリボンを二枚並べて両面テープでとめて幅広にしたもので包む。
ワイヤーで押さえるので両端は縫う必要がない。

夏休みは幼稚園の送迎がないので、水遣り当番を数回入れてもらった。
今日も頑張ろう。
[PR]

by jasmine-boo | 2017-07-25 07:03 | 植物 | Trackback | Comments(0)

大きくなあれ

うちのゴーヤーやっと花が咲き始めた。
しかし、雄花ばかり。
でも、しばらくすると、白ゴーヤーの雌花が咲いた。
そういう時に限って雄花がない。
受粉しないと…
で、迷った挙句、種類の違う白ゴーヤーの雄花をちょん。
b0238426_16551355.jpg

とりあえず育ってます。
普通の緑色のゴーヤーの雄花をちょんしたら、どうなるのかな。。。
植物の生命倫理がもしあるとしたら、やってはいけないような気がして。。。
でも、虫さんがやったら、それもありなのかしら。
[PR]

by jasmine-boo | 2017-07-13 16:50 | 植物 | Trackback | Comments(0)