2017年 11月 23日 ( 1 )

なんとも能率の悪い

緊急連絡網。
高校はないけど、中学校、小学校、幼稚園はある。
学校にもよるけど。

15年前は、どこも家の固定電話の番号が載っていた。
今は、携帯電話の番号が多い。

で、ネットか普及した現代において、どれだけこれが役に立つかというと、役に立たないのではないだろうか。
セキュリティの問題でなくした学校だってある。

幼稚園では、防災訓練の時など、連絡網が機能するか時々つかわれるので、連絡網の前後の人の番号も登録してある。かなり訓練されてるので速やか。

でも、滅多に使われない中学校ではどうか。
本当に全員に関係ある事は区の一斉メールや学校の一斉メールがくる。
ところがクラスの緊急連絡網…どこが緊急なんだか半日がかりというか…
幼児連れでもできる軽い委員をやっているのだけど、うちは連絡網の先頭の方で、いくつかの列にかけなければならない。

固定電話に出る人はほとんどいない。
携帯電話も出ない。
そりゃ、知らない番号からかかってきたら1回目は出ないかもしれない。
留守電にメッセージを残してもいいが、それを確実に聞いて次の人に回してくれるとは限らない。
肉声同士で確実に伝えたい。
固定電話、出たとしても留守番の祖父母でわからない、と。
あるいは不登校なので…連絡網の存在すら知らない、と。

仕事で遅くなる人なんかは、帰宅してから連絡網のプリントみてかけるのも大変だろう、とても遅い時間になるかもしれない。
じゃ、先回りして連絡を次の人に回しておいてあげよう。

で、結局、たくさんの留守電にメッセージを残すことに。
子供のクラスのLineグループなら一発で終わるじゃんね。
だって、明日の持ち物についてなんだもん!!!
でも、みんながLineやってるわけではない。

だいたい、持ち物くらいで休日に緊急連絡網を使う教科担任が悪い!


[PR]

by jasmine-boo | 2017-11-23 19:47 | Trackback | Comments(0)