2017年 08月 06日 ( 1 )

今は灰じゃない

人の一生には「焰の時」と「灰の時」があり「灰の時」は何をやってもうまくいかない
そんな時には何もやらぬが一番いい
ところが小心者に限って何かをやらかして失敗する

勝 海舟


今月の極細筆で書く調和体のお題。
ほらね、と次男。
上履き洗いに1時間もかかったと思ったら床屋へ出かけて行った。
部活引退してもスイッチが入らない受験生。
b0238426_11234548.jpg


今回もやってきた学校見学から始まる入試説明会。3人目だからといって同じパターンとは限らない。
夏休みの週末は家族で過ごす大事な時期、末っ子を預かってもらえるところはない。
それでも随分と楽になった。
ぐずりもせず読書して付き合ってくれた。

娘の時は、まだ赤ちゃんの末っ子を連れて、泣いたらどうしよう、とぐずり始めたらすかさず授乳したものだ。
母乳以外のものは飲んでくれなかったので、今のようにケープをかけていかにも授乳してますって感じではなく、ぱぱっとね。
そこは百戦錬磨のテクニック、ぎゅうぎゅうの逃げ場がない説明会会場でも校長の話を聞きながらコクコクと飲ませた。

飲んだら出るのが当たり前。
音と臭いはどうにもならない。
いつも冷や汗ものだった。

たぶんね、母親の忍耐力ってこうやって鍛えられる。
末っ子が受験のときは定年退職⁈した夫に丸投げしてやる!と思ってても、きっと私が全部やるんだろうな。
[PR]

by jasmine-boo | 2017-08-06 10:56 | Trackback | Comments(2)