2017年 03月 04日 ( 1 )

オネエ効果

一人でゆっくりショッピングというのもなかなか難しく、通販の方が多い。
実際、買いに行くと店員さんとのやりとりの煩わしさというのもなくはないから。

率直な意見やアドバイスが欲しくて質問しても、良くお似合いですよ、しか言わないのもなんだか困る。
また、ゆっくり選びたいのに背後霊のようにぴったりくっついてきて、いちいち説明するというより、それオススメですを連呼されるのもねぇ。

ところが、初めてオネエな店員さんに遭遇。
どんなアドバイスをくれるのだろう、と質問してみた。
が、意に反してアドバイスが的確なのだ。
私のプロファイリングが早い。
持ってる他店の紙袋やその日の服装をみて、私の持ってるワードローブを全て当てたのだ。
(あんまり衣装持ちではないというのもあるけど)

手持ちのいくつかと組み合わせれば、着回しは3パターンくらいは思いついた、が、その店員さんは意外な組み合わせをたくさん考えてくれた。
「おウチに◯◯あると思うんだけどぉ〜それを持ってきたらいいと思うのよぉ」
なんでまるでウチのクローゼットを覗いてるかのように次々パターンを考えられるのだろう。
全て当たった。
普通は、店内のオススメなのを持ってきて、こんなパターンがありますよ、というのをやるが、あえて家にある手持ちのを生かす方法を提案してくれた。
他に買わせよう、という感じはない。

それにオネエ言葉って、なんだかスッと入ってくる。私がおばさんだからだろうか。
「こういう着方すると、おばさんだとちょっとイタいけどぉ、こうすれば大丈夫なのょぉ〜」
「お顔のくすみはカバーしたいわよねぇ、この色持ってくると老けて見えるわょ!こっちがいいわ!」
なるほどねぇ、納得。

そして「男目線だとこういうのがいいと思う」急に地声になって両性のアドバイス。
他にお客さんもいなかったので、楽しい立ち話だった。
b0238426_10501520.jpg

裾がヒラヒラしたノースリーブニットとのセット。




[PR]

by jasmine-boo | 2017-03-04 10:19 | Trackback | Comments(4)