思い出の品

エジプト時代の話にもどるが、実はロイヤルコペンハーゲンというブランドを知らなかった。
コペンハーゲンに行くときに、なんか聞いたことあるよね~って調べると、食器のことだと知った。
どうせなら工場見学に行ってみよう、ということになった。
行ってみてびっくり。
白&ブルーの食器がいっぱいだった。
しかも絵師の方々の緻密な作業!
手書きで一つ一つ仕上げるから高いのか・・・・と納得。
しかも、ちょっとでもしくじると、すぐに捨てる。
そして、完成後も入念なチェックがある。

b0238426_8445326.jpg

素人には全くわからないB級品。
工場となりの直売店でたくさん売られていた。
安いので子供にいいかな、と。
一つ一つのくまさんの絵が違うのだ。
カップは120ml用の小ぶりなので、子供にはちょうどいい。
b0238426_845335.jpg

こんなところにも丁寧な絵が。
b0238426_847359.jpg

B級品か見分けるには、おなじみの波のマークに縦にキズがつけられているかどうか。
それ以外はなぜ、これがだめなのかわからないのだった。
子供に使わせたらすぐに壊されると思っていたが、未だに健在。
今は、ちびちゃんが毎日使っている。
[PR]

by jasmine-boo | 2012-06-13 08:45 | 雑貨 | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://jasmineboo.exblog.jp/tb/18434527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mayumi at 2012-06-13 09:32 x
ホントの意味でのアウトレットだね。
こういう普段使いの食器まで 手描きなのね。
高級な食器も、案外 シールを貼って上薬... って多いものね。
いいなぁ〜 これ(*^_^*)
Commented by si** at 2012-06-16 08:44 x
ロイヤルコペンハーゲン、、貴族の建物の名前かと思っていました。
お恥ずかしい、、勉強になりました(笑)

タイムトリップでの中東のお話、田舎暮らしでしかも国外にでたことのない私には想像もつかない暮らしです。
色々な国へ行かれ、その国の物に触れ、見て経験を積まれたジャスミンさんが羨ましいと思っていました。
でも、それだけではない苦労や日本とは違う危険な空気感が写真と文からすごく伝わってきました。
私も一緒にタイムトリップした気分です(笑)
また、タイムトリップして下さいね。楽しみにしています^^
Commented by jasmine-boo at 2012-06-16 14:44
mayumiさん、
これはくまさんの立体感を出すためのグラデーションなど、一つ一つ色が微妙に違うので、つい見入ってしまいます。
これはぬりえのように色で埋めていく作業ですが、ブルーフルーテッドなんか、曲がらずに線をすーーっと引いていくところなんか感動しました。

si**さん、
知らないことってけっこうありますよね。ドイツに行った時だって、マイセンってきいたことあるけど、食器だったんだ~って(笑)
将来的にこういう生活をする可能性がないとはいいきれないのですが、子供たちの学校のことを考えると、もう、無理みたいです。子供が小さくて大変ではありましたが、タイミングがよかったんだと思います。でも、子供たちが自立したら自由にどこかで暮らしているかもしれません・・・・って60代になってしまいますがっ(笑)
Commented by miriyun at 2012-07-01 11:19
細かな絵付けをして、完成してからも入念なチェック・・・これはヨーロッパならではでしょう。アジア・ロシアや中東では一部のこだわりのある職人さんを除いてほとんどそういう入念さはないですね。
Commented by jasmine-boo at 2012-07-01 14:49
miriyunさん、
そうですね。こだわりのある職人さんのは素晴らしいですが、絵がずれてたり、適当だったり、雑というか大雑把なものが多いかもしれませんね。